「新旧芝の王者の激突」世界16位のフェデラーがサンプラスを破ったウィンブルドン2001

ウィンブルドン2001大会で頭角を現したフェデラー

ロジャー・フェデラーのキャリアにおいて、たった一つの出来事だけをターニングポイントとみるのは正しくないでしょう。しかし、トップへの道を徐々に上り詰める中で彼のポテンシャルを一躍世間に知らしめた大会があります。それがウィンブルドン2001大会。

当時、フェデラーは世界16位、新進気鋭の19歳の若手選手。ウィンブルドン前に芝にもっと慣れるために、オランダのスヘルトーヘンボスの大会に出場し、3試合を快勝し、準決勝で強敵のレイトン・ヒューストンと対戦。

オランダに滞在中、ウィンブルドン2001のドローが発表。第1シードはピート・サンプラス。サンプラスはそれまでの8年間に、ウィンブルドン男子シングルスで7度優勝していたため、ウィンブルドン31連勝をさらに伸ばして世界の王者として君臨しつづけられるかに注目が集まっていました。しかし、2001年6月時点、ウィンブルドンの絶対王者も世界ランク6位まで後退し、確実に衰えが見えていました。

その年、イギリスのテニス界はようやくティム・ヘンマン(世界最高4位)の時代がやってきたと期待。準々決勝で対戦するであろうヘンマンとサンプラスの一戦は大会前から盛り上がっていました。

 

どんよりとした月曜日、4回戦まで勝ち上がった男女全てのシングルスプレーヤーが出場。この時、フェデラーは初めてウィンブルドンのセンターコートに歩み出ました。対戦相手はサンプラス。フェデラーは英国のロイヤルファミリーがロイヤルボックスに臨席される場合のおじぎ(この慣習は廃止された)など、センターコートのしきたりも初体験。

第15シードだったフェデラー(世界ランク16位)には、良い経験になるだろうくらいにしか思われず、君臨するチャンピオンを倒すことなど期待されていなかった。ほとんどの英国の観客にとって、その試合は準々決勝のサンプラス対ヘンマンの試合の通過点でしかなかった。だが、フェデラーの周りの人々は、19歳の彼にサンプラスを破る力があると信じ疑っていませんでした。

第5セットは互いにサービスをキープして第12ゲームまで進んだが、フェデラーはサンプラスのサーブを予測して見事にリターンを決めた途端、グラウンドに倒れた。3時間41分にも及ぶ戦いの末、1997年ウィンブルドン以来の王者の31試合連続勝利をストップさせたのです。

勝利に感きわまるフェデラー

実は、フェデラーとサンプラスが公式試合で対戦したのは、後にも先にもこの1回のみでした。

 

多くの若手が台頭してくるが、ロジャーは格別だ。優れたオールラウンドプレーヤーで、僕と似ていてあまり感情的にならない。素晴らしいアスリートだ」ーサンプラス

初めてウィンブルドンに出て、そしてピートに勝ったあの試合は忘れもしない。ファイナルセット7-5で勝ったんだ。」ーフェデラー

 

続く準々決勝、ヘンマンはベストともいえる試合展開でゲームを制し、フェデラーが準決勝に進出するのを阻止。それでも、ウィンブルドンでサンプラスを破ったことで、フェデラーはテニス界で注目されました。

一方で、ヘンマンは彼を破ったものの、その年のウィンブルドンで優勝できなければ、この若手の台頭を食い止めることは手遅れになるだろうと、英国民ははっきりと認識しました。そして、ヘンマンは最もチャンスのあった年でしたが、3日間にわたった準決勝でゴラン・イバニセビッチに、フルセットの末敗退。

 

その後フェデラーは2年後のウィンブルドン2003でグランドスラム初タイトルを獲得します。

created by Rinker
Standing Room Only
¥3,923 (2021/01/21 11:19:07時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

  1. federer_childhood

    フェデラー物語【第7章】敗けたらラケットを投げ、喚き、罵った。

  2. テニス big4 ブランドロゴ bland logo

    テニスBIG4のパーソナルブランドに迫る!ロゴの意味や特徴を比較。

  3. djokovic_rio2016_ジョコビッチ_五輪

    フェデラー故障、ジョコビッチ敗退で変わるテニス界の勢力図!

  4. 全豪オープン2017_フェデラー

    錦織圭 届かなかった全豪OP優勝。フェデラー復権と新たな時代の幕開け【コラム】

  5. フェデラー物語【第5章】「憧れの選手はベッカー、エドバーグ、サンプラス」

  6. 1位はフェデラー!歴代最強・史上最高のテニス選手TOP10【男子編】

  7. フェデラー物語【第9章】全国大会で優勝するも「ロジャーが世界一なんて…誰も想像できなかった」

  8. フェデラーのスポンサー企業は超高級|全アスリートで世界1位の契約金額69億

    フェデラーのスポンサー企業は超高級 2020年|全アスリートで世界1位の契約金額69億

  9. フェデラー_歴代テニスラケット_ウィルソン_プロスタッフ_©tennisfan (1)

    フェデラーの歴代ラケット一覧|1998-2021年のウィルソン”プロスタッフ”14本一挙紹介!

今週の売れ筋テニスギア

PICKUP 12月号





Banner_広告掲載_Tennisfan_png (1)

テニス選手の本_おすすめ_自伝_2020_tennisfan

テニス選手_時計ブランド_スポンサー_アンバサダー契約_tennisfan

  1. ジョコビッチ_歴代ラケット_ヘッド

    ジョコビッチの歴代ラケット一覧|ウィルソン時代からヘッド”スピー…

  2. ナダル_歴代_テニスラケット_バボラ_2020

    ナダルの歴代ラケット一覧|ジュニア時代から最新のバボラ「ピュア…

  3. 祝! 13度目の全仏優勝を飾ったナダル。GS20勝目でフェデラーに並ぶ!

  4. 錦織圭_歴代ラケット_テニス_ウィルソン

    錦織圭の歴代ラケット一覧|2008-2020年のウィルソン15本一挙紹介!

  5. フェデラー_歴代テニスラケット_ウィルソン_プロスタッフ_©tennisfan (1)

    フェデラーの歴代ラケット一覧|1998-2021年のウィルソン”プロスタ…