ナダルのスポンサー企業と契約料|ナイキ・バボラ・リシャーミルから年間29億円契約

ラファエル・ナダルはロジャー・フェデラーと双璧を成すスペインが生んだテニス界のスーパースターです。

現在、ナイキ、バボラ、起亜自動車、リシャール・ミルなどの世界的企業やテレフォニカ、マップフレ保険など地元スペイン企業の広告塔を務めています。

今回は2020年版のナダル選手のスポンサー企業や契約収入を解説します。

 

ラファエル・ナダルのスポンサー収入(金額)

Federe Nadal_Sponsor 2019 Tennisfan

2019年現在、ナイキ、リシャール・ミル、キア自動車、バボラなど世界的企業の他に、スペイン企業とも多く契約している。

年間29億円のスポンサー収入を稼ぐスーパースター

2018年の「世界で最も稼ぐセレブリティ100人」では、23位のフェデラーに続いて72位にランクインし、4,140万ドル(約45億円)を稼いでいると報じられました。その内、契約した商品を選手が使用するエンドースメント契約で、2,700万ドル(約29億円)の収入を得ています。これはトーナメント賞金とは別で、各メーカーとのタイアップなどで発生する報酬です。

2019年現在、ナイキ、バボラ、キア自動車、スペインの大手通信事業者テレフォニカ、スペインの銀行であるバンコサバデルなどとパートナーシップを締結しています。

  • 2015年:スポンサー収入は34億円で世界8位
  • 2014年:スポンサー収入は36億円で世界6位
  • 2013年:スポンサー収入は25億円で世界10位

大会実績がふるわない年でも、スポンサーからの収入は巨額

例えば、2015年のナダルの全収入はテニスの成績がふるわず獲得賞金が5,40万ドル(約5.8億円)と例年に比べて少なく、その年収は3,250万ドル(約35億円)でした。しかし、その内スポンサー企業から支払われる契約料が2,800万ドル(約30億円)と、その殆どを占めていたほど巨額です。



ラファエル・ナダルの商業的ブランド価値

Rafael Nadal ラファエルナダル (1) (1)

スポーツ界で8位のブランド力!テニス界ではフェデラー、ジョコにつぐ3位

the London School of Marketing(イギリスの名門ビジネススクール)が実施した調査で2015年版の”スポーツ選手のブランド価値”ランキングが発表されました。

この指標はスポンサーから得た年収、総収益、ソーシャルメディアへの参加率などを参考に決定されています。ナダルのブランド価値は全てのアスリートの中で第8位です。スペイン人アスリートとしてはトップ。テニス選手の中では、1位のフェデラー、7位のジョコビッチに続いて3番目にランクインしています。

アスリートブランド価値ランキング(the London School of Marketing.2015)

1.ロジャー・フェデラー(テニス)
2.タイガー・ウッズ(ゴルフ)
3.フィル・ミケルソン(ゴルフ)
4.レブロン・ジェームス(バスケットボール)
5.ケビン・デュラント(バスケットボール)
6.ローリー・マキロイ(ゴルフ)
7.ノヴァック・ジョコビッチ(テニス)
8.ラファエル・ナダル(テニス)
9.マヘンドラ・シン・ドー(クリケット)
10.クリスティアーノ・ロナウド(フットボール)
11. コービー・ブライアント(バスケットボール)
12. M・シャラポワ(ロシア)(テニス)
13. リオネル・メッシ(サッカー)
14. ウサイン・ボルト(陸上競技)
15. ネイマール(サッカー)
16. A・マレー(テニス)
17. 錦織圭(テニス)
18. デリック・ローズ(バスケットボール)
19. フロイド・メイウェザー(ボクシング)
20. S・ウィリアムズ(アメリカ)(テニス)

引用元:the London School of Marketing.

スペイン人アスリートの中で好イメージランキング長年1位

thumb_4498_news_main

メッシらと並んで母国スペインでは屈指の人気アスリート

このイメージ調査はマドリード、バルセロナ、セビージャの600人を対象に2015年の12月中旬に行われ、3つの指標で分析されました。1つ目はスポンサーブランドの評価、2つ目はスポンサーとスポンサー資産のパートナーシップ(メッシ、クリスティアーノ・ロナウド、レアル・マドリード、FCバルセロナ、ラファ・ナダル、パウ・ガソル、フェルナンド・アロンソ、オリンピック、FIFA、スペイン代表、フォーミュラ1、フェラーリ、etc.)、3つ目はスポーツ選手の好感度。

ラファ・ナダルはスペイン人アスリートでは長年に渡ってトップに君臨。まさにスペインの至宝として愛されています。

 

1.TOMMY HILFIGER(トミーヒルフィガー)

ナダル スポンサー

スポンサーイベントでは、ナダルがトミーのスーツを着てテニスをしたりしています。トミーと契約するまでは、アルマーニのアンダーウェアのモデルを務めていました。

  • 企業名:トミーヒルフィガー/PVHコーポレーション(親会社)
  • 本拠地:アメリカ
  • 業種:カジュアルウェア
  • 契約内容:2015年8月よりトミーヒルフィガーの「アンダーウェア」「テーラード」「フレグランス」のグローバル・ブランド・アンバサダーに起用されています。

 

2.KIA MOTORS(キアモーターズ)

rafael-nadal-shows-kia-x-car-at-australian-open-2016-8

19歳の頃から20年のパートナーを務めるKIA社。各地トーナメントの移動をサポートする

2004年、まだわずか19際の頃からキア社のブランドアンバサダーを務めています。ナダルは度々同社のテレビコマーシャルに登場し、ナダル出場の大会スポンサーをすることも多いです。世界各地でのトーナメント先での移動車は常にKIAのロゴが入った車です。一方、プライベートではアストンマーチンDBSとメルセデス・ベンツSL55を愛車として利用しています。

2020年に更に5年間の契約延長が決まり、同社とナダルの契約関係は20年を超えることとなりました。

  • 企業名:キアモーターズ(起亜自動車)
  • 本拠地:韓国
  • 業種:自動車
  • 契約内容:2004年よりグローバルアンバサダーとして契約。2020年7月に5年間の契約更新を発表。

 

3. Babolat(バボラ)

  • 企業名:バボラ
  • 本拠地:フランス(リヨン)
  • 業種:ラケット専門メーカー
  • 契約内容:バボラは世界中のトッププロとストリング契約を結んでいるが、たとえ有名選手でも契約条件は商品提供のみで、契約金は一切支払われていません。ラケット契約はまた別です。

 

4. Nike(ナイキ)

スペインの猛牛の頭をイメージした、NIKE×ナダルのオリジナルロゴは有名

ライバルのフェデラーがユニクロへ移って以降、ナダルは現在ナイキテニスの最大の広告塔です。ナイキ社のナダルシグネチャーモデルには”牛のロゴ”があしらわれており、人気商品として販売されています。

  • 本拠地:アメリカ
  • 業種:スポーツ用品
  • 契約内容:2008年より10年間の長期スポンサー契約を締結しています。ナダルは2013年6月からの1年間で4大大会の全仏、全米オープンで優勝、年度末世界ランク1位により、NIKE等スポンサー企業からのインセンティブボーナスは1㌦100円換算で14.5億円が支給されたと言われています。特にナダルの最大のスポンサー企業であるナイキは、年度末ランキングを最重要視していると発表しています。
  • 契約金額:年間$10M(ライバルのフェデラーは年間$13Mだったが契約終了)

 

5. Telefonica(テレフォニカ)

Telefonica ラファエルナダル スポンサー

スペイン最大の通信事業者。ナダル共にベンチャー企業投資も行う

Telefónica Open Futureと提携し、テック系スタートアップにスポーツやウェルネスに関するプロダクト、もしくはラファ・ナダル・アカデミーのパフォーマンスを向上させるソリューションの開発に投資をしています。ここで選ばれたスタートアップ企業には最大約16万ドルが提供されます。

  • 企業名:テレフォニカ
  • 本拠地:スペイン
  • 業種:通信
  • 事業概要:スペイン最大の通信事業者であり、元々国営だったので日本のNTTの性質に近い。現在世界第5位のプロバイダー。
  • 契約概要:2014年より。

 

6. Richard Mille(リシャール・ミル)

new-richard-mille-rm-27-02-rafael-nadal-watch-2015-live-wrist

  • 企業名:リシャールミル
  • 本拠地:スイス
  • 業種:高級時計
  • 契約内容:ナダルは2010年からリシャール・ミルの公式アンバサダーを務めています。実は当時、試合中に腕時計を身につける選手は殆どいなかったのです。ナダルが身につけている時計「Richard Mille 27-02」(写真)は$800k(約1億円)の値段です。勿論メーカー支給。 この時計の動作機構は5000Gを超える力にも耐えることができる超ハイスペックスポーツウォッチです。2015年の全仏オープンに向けて世界限定50本で製造されました。残りの49本は約9500万円の価格だそうです。

 

7. Cosentino(コセンティーノ)

Cosentino ラファエルナダル スポンサー

  • 企業名:コセンティーノ
  • 本拠地:スペイン
  • 業種:住宅建材・インテリア
  • 事業概要:天然素材のクォーツストーンを使ったキッチン、バスルーム、ファニチャーの供給を行う多国籍企業。
  • 契約内容:2014年末より”Rafa Nadal Academy by Movistar” の公式スポンサーとして関係をスタートしています。 Dekton®という大理石を使ったインテリアブランドのキャラクターに起用されています。

 

8. MAPFRE(マップフレ)

  • 企業名:マップフレ
  • 本拠地:スペイン
  • 業種:保険
  • 事業概要:世界47ヵ国で保険事業を展開する欧州10大保険会社の一つ。特にラテンアメリカでは最大の売上を誇る。
  • 契約内容:2010年より契約をスタートし、延長を経て合計10年間に至る。

 

9. Cantabria Labs(カンタブリアラボ)

  • 企業名:カンタブリアラボ
  • 本拠地:スペイン
  • 業種:医薬品・化粧品
  • 事業概要:スペインを拠点で欧州で展開する医薬品のスキンケアブランドメーカー。
  • 契約内容:ナダルはツアーで同社の医療用日焼け止めHELIOCARE」を使用。

 

まとめ

2020年のナダルのスポンサー企業について紹介しました。

ナダル選手は巨額のスポンサー収入や賞金を稼ぐスター選手である一方で、自分のためにだけお金を使っているわけではありません。2008年にはラファエル・ナダル財団を立ち上げ、世界中の恵まれない子供達を支援しています。また、盟友ロジャー・フェデラーの財団にも寄付するなど、慈善事業にも注力しています。

 

created by Rinker
¥2,090 (2021/01/20 13:26:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,160 (2021/01/21 02:46:43時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

  1. 錦織圭のスポンサー企業と契約内容 2019年 |世界19位・18億円の契約料

    錦織圭のスポンサー企業と契約内容 2020年 |35億円の契約料

  2. テニス選手_時計ブランド_スポンサー_アンバサダー契約_tennisfan

    TOP10テニス選手の腕時計ブランドを徹底比較【特集】

  3. 1位はフェデラー!歴代最強・史上最高のテニス選手TOP10【男子編】

  4. ラオニッチ スポンサー ニューバランス

    ユニクロ・H&M・NBなどアパレルブランドがテニスに参入する理由。

  5. Rafael Nadal_2017_Tour Schedule

    【2017年】R・ナダルの試合日程・年間スケジュール・大会結果

  6. 全豪オープン2017_決勝_フェデラーVSナダル_4

    奇跡の試合!フェデラーVSナダル戦 完全ハイライト【全豪OP2017決勝】

  7. 徹底比較!天才型のフェデラー&メッシ・努力型のナダル&ロナウド

  8. rafael-nadal-montecalro-2016

    【速報】ナダルがモンテカルロ優勝!2年半ぶりのマスターズ制覇で赤土の王者復活!

  9. ワウリンカ_スポンサー収入_年収

    ワウリンカのスポンサー企業と契約金|スイス第二の男から8億円スターへ

今週の売れ筋テニスギア

PICKUP 12月号





Banner_広告掲載_Tennisfan_png (1)

テニス選手の本_おすすめ_自伝_2020_tennisfan

テニス選手_時計ブランド_スポンサー_アンバサダー契約_tennisfan

  1. ジョコビッチ_歴代ラケット_ヘッド

    ジョコビッチの歴代ラケット一覧|ウィルソン時代からヘッド”スピー…

  2. ナダル_歴代_テニスラケット_バボラ_2020

    ナダルの歴代ラケット一覧|ジュニア時代から最新のバボラ「ピュア…

  3. 祝! 13度目の全仏優勝を飾ったナダル。GS20勝目でフェデラーに並ぶ!

  4. 錦織圭_歴代ラケット_テニス_ウィルソン

    錦織圭の歴代ラケット一覧|2008-2020年のウィルソン15本一挙紹介!

  5. フェデラー_歴代テニスラケット_ウィルソン_プロスタッフ_©tennisfan (1)

    フェデラーの歴代ラケット一覧|1998-2021年のウィルソン”プロスタ…