3度目の正直ならず!錦織マスターズ制覇を阻むジョコの壁【カナダ(ロジャーズ・カップ)】

大会名ロジャーズ・カップと呼ばれる、6番目のマスターズ大会であるカナダ(トロント)大会。今大会はフェデラー、ナダル、マレーら、Big4のうち3名が欠場しており、錦織圭にとっては大きなチャンスがありました。

これまで2度、マスターズの舞台の決勝に立った錦織ですが、2014年ムチュア・マドリッド・オープンではナダルを圧倒しながらも怪我で棄権。2度目の2015年マイアミ・オープンではジョコビッチ相手にストレート負け。

悲願のマスターズ1000優勝を目指して、錦織圭はカナダで戦っています。

 

カナダマスターズ(ロジャーズ・カップ)の試合結果

2、3回戦:格下相手にストレート勝利

tennis-nishikori-toronto_3754996ウィンブルドン以来の公式戦である初戦は予選通過者のノビコフ相手に6本のダブルフォルトを犯すなど、左脇腹に負担がかかるサービスに課題を残しながらも6-4, 7-5のストレート勝利。続く3回戦は、6-3, 6-4の快勝で、圧巻の試合で危なげなく2年連続のベスト8進出を決めました。

  • 初戦(2回戦):VS D・ノビコフ(アメリカ)予選通過者
  • 3回戦:VS R・ラム(アメリカ)世界118位

 

準々決勝:”ベビーフェデラー”と評される元世界8位のディミトロフ

girgor-dimitrov-toronto-2016-01-large準決勝の相手は錦織と同世代の実力者のディミトロフ。これまでツアー4勝、2014年ウィンブルドンベスト4入りなど飛躍するもここ最近は不調の選手です。錦織が敬愛するフェデラーそっくりのプレースタイルの相手ですが、6-3, 3-6, 6-2のフルセット下して2年連続の4強入りを果たしました。ディミトロフとの対戦成績を3戦3勝と伸ばしました。

  • 準々決勝:VS 元世界ランク8位のG・ディミトロフ(ブルガリア)世界40位

 

準決勝:Big4対抗馬の筆頭格、世界最高の片手バックも持つワウリンカ

Rogers Cup tennis2014年の全米オープン、2015年の全仏オープンの優勝者である世界ランク5位のワウリンカと対戦。14年の全米準決勝でワウリンカに勝利したものの、続く15年全豪の準々決勝ではストレートで負けている相手です。

接戦の第1セットはワウリンカにセットポイントを握られるも、最後には意地の逆転で先取。第2セットに入ると試合の流れが錦織に傾き、第2ゲームでブレイクに成功し、その後も主導権を握り7-6 (8-6), 6-1のストレートで破り、大会初の決勝進出を果たしました。これでワウリンカとの対戦成績は5戦2勝3敗と、その差が縮まりました。

  • 準決勝:VS S・ワウリンカ(スイス)世界5位

 

決勝:全米以来、8連敗中の絶対王者ジョコビッチ

novak-djokovic-atp-tour-tennis_3752908-218x150王者ジョコビッチとは数えて12度目の対戦。過去は錦織の2勝9敗ですが、2014年の全米オープン準決勝から8連敗中で、今年だけでも4連敗中の相性の悪い相手です。自身2度目のマスターズ決勝進出となったマイアミ・オープン決勝ではほぼ何も出来ずストレートで破れています。

試合はジョコビッチの安定したプレーを切り崩すことが出来ず、3-6, 5-7のストレートで敗れマスターズ初優勝とはならず、準優勝に終わりました。

 

夏の過酷なスケジュールをどう乗り切るか

ウィンブルドンの棄権から見事復活した錦織。今季2度目となるマスターズ準優勝という結果は十分素晴らしいです。錦織は今回のカナダマスターズで600ポイント獲得しました。

次は8月5日よりリオ五輪が開幕し、6日から男子シングルスが始まります。錦織が見事、五輪決勝まで勝ち進めば14日が最終日となりますが、なんと….その日は次のマスターズのシンシナティ大会(ウェスタン・アンド・サザン・オープン)が開幕します。

 

 

【マスターズ1000 関連】

ATPテニス ワールドツアー マスターズ1000の解説(日程・ポイント・賞金)

錦織圭は「安定感」を得て「爆発力」を失った。GS・MS優勝に必要な事。【コラム】

錦織圭、遂にマスターズ初制覇!?マイアミオープンで奇跡が起こる。

 

関連記事

  1. 2015年男子テニスツアー「年間スケジュール・試合結果」の 一覧表

  2. djokovic_rio2016_ジョコビッチ_五輪

    フェデラー故障、ジョコビッチ敗退で変わるテニス界の勢力図!

  3. ジョコビッチがドバイ選手権を棄権した理由!?感染症とデビスカップ。

  4. 錦織より2歩先へ Mチリッチがマレー破り、マスターズ初優勝!【シンシナティ(W&Sオープン)】

  5. 錦織圭_ツアーグッズ_2017

    錦織圭 ツアーグッズ2017|ラケット・シューズ・ウェア・時計

  6. 全仏オープン2016 スポンサー企業

    全仏オープン2016が10倍楽しくなる基礎知識10選!(日程・賞金・歴代優勝者・優勝候補・スポンサーなど)

  7. Kei Nishikori_2017_Tour_Schedule

    【2017年】錦織圭の試合日程・年間スケジュール・大会結果

  8. 2016年 五輪ナダル戦・全米マレー戦について振返る【錦織×稲葉テニス対談】

  9. 錦織圭、遂にマスターズ初制覇!?マイアミオープンで奇跡が起こる。

PICKUP 10月号





Banner_広告掲載_Tennisfan_png (1)

テニス選手の本_おすすめ_自伝_2020_tennisfan

テニス選手_時計ブランド_スポンサー_アンバサダー契約_tennisfan

  1. 錦織圭の歴代ラケット一覧|2008-2020年のウィルソン15本一挙紹介!

  2. フェデラー_歴代テニスラケット_ウィルソン_プロスタッフ_©tennisfan (1)

    フェデラーの歴代ラケット一覧|1998-2020年のウィルソン”プロスタ…

  3. Eugenie Bouchard

    美しすぎる女子テニス選手!美人ランキングベスト10【2020版】

  4. 大坂なおみ_テニスシューズ_ナイキCourt Air Zoom Zero HC_2020_全豪オープンモデル_Tennisfan.xyz (1)

    2020年|大坂なおみのテニスシューズ紹介特集【最新モデル】

  5. 大坂なおみ_テニスウェア_ナイキ_2020_全豪オープンモデル_Tennisfan.xyz (1)

    2020年|大坂なおみの着用テニスウェア紹介特集【最新モデル】