1位はフェデラー!歴代最強・史上最高のテニス選手TOP10【男子編】

ATPツアーの男子シングルス選手で歴代最強選手、史上最高選手は誰なのか?

それぞれの世代で最強・最高と称され一時代を築いた、10名のレジェンド達をランキング形式で紹介します。

歴代最強・史上最高のテニス選手TOP10【女子編】と合わせてチェックして下さい。

 

10 ジミー・コナーズ/Jimmy Connors(USA)

Jimmy Connors ジミーコナーズ _圧縮

闘志溢れるプレーで歴代最多のATPシングルス109勝

選手プロフィール:1970年代の男子テニス界に長らく王者として君臨したレジェンド。ビョルン・ボルグ、ジョン・マッケンロー、イワン・レンドルらと並び、黄金時代を築いた名選手のひとり。現役時代は悪役的なキャラクターとして人気を博した。世界ランキング1位通算在位記録「268週」は歴代4位。米国UCLA出身の高学歴。幼少期のフェデラーが憧れたアイドル選手だった。1972年でプロデビューから96年まで22年間に渡って現役生活を続けた。

  • 四大大会成績:8勝(全豪1・全仏0・全英2・全米5)
  • 生涯グランドスラム:”未”達成
  • ツアー勝利:シングルス109勝・ダブルス16勝
  • ATPシングルス1位通算在位:268週
  • 年間最終戦:1勝
  • 生涯獲得賞金:$8,641,040
  • 現在の活動:引退後は殆どテニスとの関わりを持たずにいる。2006年にアンディ・ロディックのコーチを務めた。

 

9. イワン・レンドル/Ivan Lendl(CRZ)

Ivan Lendl イワンレンドル

80年代最強のグランドストロークの使い手

選手プロフィール:1980年代の男子テニス界の絶対王者。世界ランキング1位”連続”在位記録「157週」はフェデラー、コナーズに続いて歴代3位。世界ランキング”通算”在位記録「270週」はフェデラー、サンプラスに次ぐ歴代3位。四大大会では決勝に19回出場したが、8勝11敗という勝負弱さが垣間見える。

  • 四大大会成績:8勝(全豪2・全仏3・全英0・全米3)
  • 生涯グランドスラム:”未”達成
  • ツアー勝利:シングルス94勝・ダブルス6勝
  • ATPシングルス1位通算在位:270週
  • 年間最終戦:5勝
  • 生涯獲得賞金:$21,262,417
  • 現在の活動:2010年にシニアツアーへ復帰し現在も参戦中。2012年より2年間アンディ・マレーのコーチへ就任し、2012年全米や13年ウィンブルドン、ロンドン五輪の優勝に貢献。その後、2018年よりアレクサンダー・ズベレフのチームへ加入。チェコ出身だが、現役時代の晩年92年にアメリカに帰化し、現在もコネチカット在住。

 

8. ジョン・マッケンロー/John McEnroe(USA)

John McEnroeジョンマッケンロー (1)

基本から逸脱した天性のタッチセンスは唯一無二

選手プロフィール:80年代前半の王者。天才的なタッチセンスでボールをコントロールする、サーブ&ボレーを主軸としたオールラウンダー。シングルスとダブルスの両方でランキング1位を達成している。ビヨン・ボルグとのライバル関係で名勝負を繰り広げた。試合中に暴言を吐いたり、ラケットを投げたりと「悪童」と称されたクレーマーだった一方で、その情熱的なキャラクターでファンに愛された。米国スタンフォード大学出身(中退)。

  • 四大大会成績:7勝(全豪0・全仏0・全英3・全米4)
  • 生涯グランドスラム:”未”達成
  • ツアー勝利:シングルス77勝・ダブルス71勝
  • ATPシングルス1位通算在位:177週(歴代位)
  • 年間最終戦:3勝
  • 生涯獲得賞金:$12,552,132
  • 現在の活動:現在もシニアツアーで活躍している。アメリカのTV番組でも活躍。2016年のウィンブルドンではラオニッチの臨時コーチに就任。

 

7. アンドレ・アガシ/Andre Agassi(USA)

Andre Agassi アンドレアガシ (1)

サンプラスと共に1時代を築いた、90年代のアイコン選手。通称”ラスベガスの申し子”

選手プロフィール:90年代にサンプラスをはじめビッグサーバーの活躍が目立つなか「世界一のリターナー」と称された天才ストローカー。端正なマスクに、当時は異端だったトレードマークのド派手なウェアと長髪で、テニス界のファッションリーダーとしても人気を博した。史上唯一のキャリアグランドスラム(生涯)アテネ五輪シングルス金メダル・ATPツアーファイナル優勝の3冠達成者。1986年にツアーデビューして、2006年まで活躍。キャリア晩年の2005年全米オープンでも決勝に進出しフェデラーと好ゲームを演じたなど、長期に渡ってツアーで活躍した。36歳で引退宣言。2017年よりジョコビッチのコーチへ就任。

  • 四大大会成績:8勝(全豪4・全仏1・全英1・全米2)
  • 生涯グランドスラム:達成(キャリアゴールデンスラム)
  • ツアー勝利:シングルス60勝・ダブルス1勝
  • ATPシングルス1位通算在位:101週
  • 年間最終戦:1勝
  • オリンピック:アトランタ五輪シングルス”金”
  • 生涯獲得賞金:$31,152,975
  • 現在の活動:ドイツの絶対女王のシュテフィ・グラフと結婚し2人の子どもを抱える父親。引退後に出版した自叙伝『OPEN』で現役の期間中にレクレーショナルドラッグを使用をしたことを認めた。

 

6. ビヨン・ボルグ/Bjorn Borg(SWE)

 Bjorn Borg_ビヨンボルグ

そのコート内での冷静な振る舞いで”アイスマン”と形容された、現代テニスの父

選手プロフィール:70年代から80年代初頭にかけて活躍したレジェンド。ジミー・コナーズやジョン・マッケンローらと共に、男子テニスの黄金時代を築いた。全仏オープンに4連覇を含む6勝。特にウィンブルドンで5連覇を達成しサンプラス以前のウインブルドンの聖像と言える。片手バックハンドが主流だった時代に、両手バックハンドとトップスピン(順回転)を駆使して、現代テニスの源流を作った。長髪のブロンドヘアとトレードマークのヘッドバンドに、世界中の女性が黄色い声をあげた元祖アイドル選手。1983年に26歳の若さで突然の現役引退を表明した。

  • 四大大会成績:11勝(全豪0・全仏6・全英5・全米0)
  • 生涯グランドスラム:”未”達成
  • ツアー勝利:シングルス64勝・ダブルス4勝
  • ATPシングルス1位通算在位:109週
  • 年間最終戦:2勝
  • 生涯獲得賞金:$3,655,751
  • 現在の活動:引退後はスキャンダルが多い。現在はスウェーデンで若手育成に尽力。

 

5. ロッド・レーバー/Rod Laver(AUS)

ロッドレーバー

史上唯一の年間グランドスラムを2回達成した伝説のレジェンド

選手プロフィール:1962年と1969年の2度に渡ってその年の4大大会の全てを制する”年間グランドスラム”を達成した名選手。サンプラスが”僕のお手本”としている。そのプレーの基本はサーブアンドボレーで、コート内での動きが速く、当時としては異例のフラット系のハードヒットを駆使した。

  • 四大大会成績:11勝(全豪3・全仏2・全英4・全米2)※その他、ダブルス5勝、混合3勝
  • 生涯グランドスラム:達成(1962・69年の2回)
  • ツアー勝利:200勝
  • 生涯獲得賞金:$1,565,413
  • 現在の活動:現在77歳。母国オーストラリアではその功績をたたえて、全豪オープンのセンターコートはロッドレーバーアリーナと命名されている。

 

4. ピート・サンプラス/Pete Sampras(USA)

pete sampras ピートサンプラス (1) (1)

世界1位の座に6年間君臨した90年代の絶対王者

選手プロフィール:1990年代最強のテニスプレイヤーでアガシと共に一時代を築いた。世界ナンバー1在位286週の記録を保持(連続6年間)。フェデラー以前の史上最高の選手。2000年代のBIG4時代以降も、史上最高のオールラウンドプレイヤーの一人に数えられる。その輝かしい経歴は、2002年の全米オープン優勝で締めくくられた。

  • 四大大会成績:14勝(全豪2・全仏0・全英7・全米5)
  • 生涯グランドスラム:”未”達成
  • ツアー勝利:シングルス64勝・ダブルス2勝
  • ATPシングルス1位通算在位:286週(歴代2位)
  • 年間最終戦:5勝
  • オリンピック:メダル無
  • 生涯獲得賞金:$43,280,489
  • 現在の活動:シニアツアーに参戦している。ゴルフにも熱心。

 

3. ノバク・ジョコビッチ/Novak Djokovic(SRB)

Novak Djokovic ノバクジョコビッチ (1)

フェデラー、ナダルに勝ち越す、現在の世界ナンバーワン

選手プロフィール:現在のATPツアーの支配力を圧倒的実績から、史上最強の呼び声が高い選手。まだ実績面ではフェデラーやナダルに劣るが、追い抜く可能性は十分。グランドスラム優勝16回。史上八人目のキャリアグランドスラム達成。全豪オープンオープン化以降最多優勝・最多連覇の3連覇6回優勝。ワールドツアー・ファイナル優勝5回。2011年と2015年にはオープン化以降男子6人目となる4大大会3冠を達成。

  • 四大大会成績16勝(全豪7・全仏1・全英5・全米3)*2019年7月時点
  • 生涯グランドスラム:達成
  • ツアー勝利:シングルス75勝・ダブルス1勝 *2019年時点
  • ATPシングルス1位通算在位:179週(歴代5位)
  • 年間最終戦:5勝
  • オリンピック:北京五輪シングルス”銅”
  • 生涯獲得賞金:$125,847,879 *2019年時点
  • 現在の活動:2018年序盤大きく調子を落としたものの、ウィンブルドン以降猛烈な追い上げで世界22位から世界1位へ返り咲いた。3年ぶり5度目の年間最終ランキング1位。2019年は既に全豪OP、ウィンブルドンで四大大会2勝をあげ、2位以下を大きく引き離して世界1位を独走中。

 

2. ラファエル・ナダル/Rafael Nadal(ESP)

Rafael Nadal ラファエルナダル (1) (1)

前人未到の全仏12回の優勝を誇る”クレーキング”

選手プロフィール:エッグボールと呼ばれる強烈なスピンボールを操り、2000年代中盤からフェデラーの永遠のライバルとしてテニス界を牽引。グランドスラム18勝北京五輪シングルス金メダル、史上2人目のキャリアゴールデンスラムを達成。クレーコート最高勝率、クレーコート81連勝、全仏オープン、モンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズ、バルセロナ・オープンの最多優勝記録などの数々の記録を更新し続ける「赤土の王者」。

  • 四大大会成績18勝(全豪1・全仏12・全英2・全米3)*2019年時点
  • 生涯グランドスラム:達成(キャリアゴールデンスラム)
  • ツアー勝利:シングルス82勝・ダブルス11勝 *2019年時点
  • ATPシングルス1位通算在位:141週
  • 年間最終戦:0勝
  • オリンピック:北京五輪シングルス”金”・リオ五輪ダブルス”金”
  • 生涯獲得賞金:$103,251,975 *2019年時点
  • 現在の活動2019年も全仏OPはナダルの独壇場となり、圧倒的強さで3連覇を果たし、クレー最強伝説を更新。

 

1. ロジャー・フェデラー/Roger Federer(SWI)

_Roger Federe_ロジャーフェデラー

史上最高のテニスプレーヤー、美しいプレーはコート上の”マエストロ”

選手プロフィールグランドスラム最多優勝20回・歴代最長世界ランキング1位・通算獲得歴代最多賞金など数々の記録でNo.1となり、史上最高のテニスプレーヤーと称される。特に、世界ランキング1位連続在位期間237週は男女を通じて歴代最長。2017年の全豪オープンで35歳にして優勝し、5年ぶりのグランドスラムタイトルを手にした。

エレガントで華麗なプレースタイル、プロッフェショナリズム、スポーツマンシップ、人間性はコート内外に渡って、ローレウス世界スポーツ賞4年連続受賞など競技の枠を超えて評価されている希有な存在。また、長年に渡って世界トップクラスの巨額のスポンサー契約を結んでおり、収入的にもテニス史上最も成功したテニス選手。

  • 四大大会成績20勝(全豪6・全仏1・全英8・全米5)*2019年時点
  • 生涯グランドスラム:達成
  • ツアー勝利:シングルス102勝・ダブルス8勝 *2019年時点
  • ATPシングルス1位通算在位:302週(歴代1位)
  • 年間最終戦:6勝
  • オリンピック:ロンドン五輪シングルス”銀”・北京五輪ダブルス”金”
  • 生涯獲得賞金:$120,514,916 *2019年時点
  • 現在の活動:2018年は全豪はオープン連覇を果たしグランドスラム20回目の優勝、世界1位最年長記録などのテニス界の記録を塗り替えた。2019年は好調をキープし、4年ぶりに全仏OPに出場しベスト4入り。そして、得意の全英OPでは決勝でジョコビッチとの死闘に上に破れるも準優勝。そのテニスは依然進化の途中。

 

created by Rinker
¥2,090 (2019/11/16 21:14:19時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,090 (2019/11/16 21:15:54時点 楽天市場調べ-詳細)

 

【歴代最強選手ランキングの関連記事】

女子選手編も合わせてチェックして下さい。

  1. 1位はグラフ!最強・史上最高のテニス選手TOP10【女子編】

関連記事

  1. Federer-Diana

    フェデラー物語【第2章】「エネルギーを持て余した少年時代」

  2. リオ五輪_テニス_錦織圭_銅メダルマッチ_ナダル戦の完全ハイライト

    錦織圭、遂にナダル超えた。リオ五輪銅メダル決定戦のハイライト。

  3. ナダルが語る「今テニス界に必要なルール変更」とは?

  4. 精神面からジョコビッチの「強さ」を徹底解説【メンタル編】

  5. フェデラーのスポンサー企業は超高級|全アスリートで世界1位の契約金額69億

    フェデラーのスポンサー企業は超高級 2019年|全アスリートで世界1位の契約金額69億

  6. Rafael Nadal_2017_Tour Schedule

    【2017年】R・ナダルの試合日程・年間スケジュール・大会結果

  7. federer_childhood

    フェデラー物語【第7章】敗けたらラケットを投げ、喚き、罵った。

  8. federer7thwimbledon

    フェデラーの年収は73億円!キャリア晩年でもテニス界で最も稼ぐ選手。

  9. 錦織圭_ツアーグッズ_2017

    錦織圭 ツアーグッズ2017|ラケット・シューズ・ウェア・時計

    • チャイルド

    ジョコビッチがキャリアグランドスラムを達成するまえで、現役にトップ10に三人、現在なら確実にトップ5いやトップ3ばかりと言ってもいい状況で、これだけの成績を残す錦織圭という選手の素晴らしさを、このランキングを見ながら感じていました。

    • Tennisfan編集局

    チャイルド様

    コメントありがとうございます。いや〜おっしゃる通りですね!史上最高と評価されるフェデラー、ナダル、ジョコビッチというTOP選手が君臨する現男子テニス界で躍進を遂げている錦織選手は、本当に素晴らしいです!

    -Tennisfan編集局

    • レンショー

    フェデラーとナダルが上2つを占めてる理由が理解不能です、記録でランキング作ってるのですか?
    まず、技量とセンスでフェデラーはコナーズ、マッケンロー、サンプラスにかなり劣っています、これは見るべき所を見抜ければ分かります。記録や成績で語るのは素人ですね。
    フェデラーも確かに強くはありますが回りが弱いので強いと錯覚しがちです、フェデラーのスーパープレー等ありますが、マッケンロー、サンプラス等に比べると何処がスーパープレーなのか謎です、まずフェデラーは落ち目のヘイマンにかなり負けています、そしてヘイマンはマッケンローに遊ばれているのでフェデラーは大したことないです、マッケンローやサンプラス、コナーズのプレーは今の選手では真似できないものがあります。サンプラスは驚異的な身体能力とセンスを持ち合わせていました、フェデラーが勝った時のサンプラスは貧血性でだいぶ弱っていました、あの試合はよくやれたなとサンプラスの強さに感服しました。

      • テニマン

      あなたよくテニス知らないですよね?
      そもそも、フェデラーがいなければアンディロディックがあなたの言うようなピートサンプラスやジョンマッケンローと並ぶスーパープレイヤーになる事必至って言われてたの知ってますか?
      それだけ実力があり、実際決勝まで上がってきているが、勝てなかったのはフェデラーがいたからですよ?そこら辺のテニス見てないのでは?
      ロジャーフェデラーがいたからアンディロディックは影のスーパースターと言われています
      >ヘイマンに負けてます
      何時の話してるんでしょうか(笑)まだロジャーフェデラーがデビューして間もない頃の話持ち出して弱いとか(笑)

      ロジャーフェデラーが無敵だった2004~2007までのテニス見てきたら如何でしょうか?

      • いう

      記録やプレーを見て、個人的に今はフェデラー1位、ジョコビッチ2位、ナダル3位だと思います。

      ジョコビッチはキャリア グランドスラムより難しいゴールデン マスターズを達成しているので1位か2位は確定だと思います。

    • カラバッジョ

    矢張りフェデラーが1番でしょう。
    芸術的なテニス、紳士で人格者の彼は選手達にも尊敬されています。
    アフリカにも学校を作って社会貢献していますしね。
    錦織君は頑張ってはいますが早くグランドスラムを取らないとと思います。

    • カラバッチョ

    フエデラ-選手を応援しています。
    彼のテニスの技術は勿論、芸術的かつ年と共に進化して、省エネ等努力を重ねています。
    又フアンを大事に彼のテニスを観たいと思われる間は頑張りたいとの事です。
    紳士でもあり、選手に尊敬される彼を誇りに思います。
    アフリカに多くの学校を作り子供達を応援しています。
    少しでも長く彼のプレイを観ていたいです。

    更新したのにジョコビッチの順位を上げない謎。
    どう考えても3位にはなるだろうに。

    • テニスマン

    バカじゃね?知らない奴が書き込むな
    そもそも、フェデラーがいなければアンディロディックがお前の言うようなピートサンプラスやジョンマッケンローと並ぶスーパープレイヤーになる事必至って言われてたの知らんだろ?お前
    それだけ実力があり、実際決勝まで上がってきているが、勝てなかったのはフェデラーがいたからだぞ?そこら辺のテニス見てないだろお前は
    ロジャーフェデラーがいたからアンディロディックは影のスーパースターと言われてんだよ
    >ヘイマンに負けてます
    お前何時の話してんだよ(笑)まだロジャーフェデラーがデビューして間もない頃の話持ち出して弱いとか、ホントにテニス知らない白痴だなお前
    もう、お前恥ずかしいから黙っとけや
    いい恥さらしだな
    ロジャーフェデラーが無敵だった2004~2007までのテニス見てこい白痴野郎

  1. 2019年 5月 17日

[新刊]テニスマガジン 2019年7月号

[新装版] ジョコビッチの生まれ変わる食事

[保存版] 錦織圭 2018年シーズン総決算号

  1. ラファエル・ナダル ツアーグッズ2019|ラケット・シューズ・ウェア・時計

    ラファエル・ナダル ツアーグッズ2019|ラケット・シューズ・ウェア…

    2019.01.26

  2. 大坂なおみ ツアーグッズ2019|ラケット・シューズ・ウェア・時計

    大坂なおみ ツアーグッズ2019|ラケット・シューズ・ウェア・時計

    2019.01.26

  3. 錦織圭 ツアーグッズ2019|ラケット・シューズ・ウェア・時計

    2019.01.09

  4. フェデラー ツアーグッズ2019|ラケット・シューズ・ウェア・時計

    2019.01.09

  5. ジョコビッチ ツアーグッズ2019|ラケット・シューズ・ウェア・時計

    2019.01.09

  1. フェデラー VS ナダル ~史上最高のライバル~【徹底比較】

  2. 徹底比較!天才型のフェデラー&メッシ・努力型のナダル&…

  3. kei nishikori

    錦織圭がウィンブルドンで優勝する3つの可能性!GS初優勝はアガシと…

  4. 錦織圭がウィンブルドンだけ勝てない4つの理由。松岡修造超えを阻む…

  5. フェデラーに恋して_ファンに愛される10の理由

    フェデラーに恋して。大ファンが語るロジャーに惚れる10の理由。