フェデラー物語【第13章】「スイステニス界の新たな時代の幕開け 天才少女ヒンギスの登場」

ヒンギスが世界1位となり、スイステニス界に新たな時代が訪れる

1997年はスイスのテニス界にとって最も大切な年となりました。

1月にマルチナ・ヒンギスが全豪オープンを制し、男女合わせて初のグランドスラムスラムのシングルスタイトルをスイスにもたらしました。そして勢いのまま、ヒンギスは3月末には世界ランキング1いにとなり、ウィンブルドンど全米オープンで優勝し、四大大会のシングルスタイトルを3つ獲得しました。

[aside]マルチナ・ヒンギス

天才少女と呼ばれ、16歳6ヶ月で世界1位に登りつめた。全仏をのぞくグランドスラム女子シングルスで優勝。女子ダブルスと混合ダブルスでは、生涯グランドスラムを達成。引退後、現役復帰し現在もダブルスで活躍中。 [/aside]

あらゆる環境が好転し、ロジャーの状況が上向いきた

また同年、スイス・テニス協会がビールに新しくテニスのパフォーマンス&運営センターをオープンしました。こうして、アルプスの小国は初めてテニスの才能に恵まれたトップジュニアとツアープロのトレーニング拠点を得たのでした。

新たな拠点がオープンし、新たなスター ヒンギスが登場したことで、スイス国内でそれまで人気が無かったテニスが一気に急上昇。世界各国の有名コーチ陣もスイスにやってきました。

そして、1997年夏にはスイス・テニス協会がオールド・ボーイズから重要な人物を引き抜きました。ロジャーの恩師ピーター・カーターです。

こうして、ロジャーが夜に出ていく為の条件が整って行きます。エキュブランでの2年の寮生活を終え、センターが故郷の近くに移転。フランス語などの言葉の問題も既に克服。極めつけは、もっとも信頼していたコーチ、ピーター・カーターがスイス・テニス協会にやってきたのです。

ただ一つだけ問題がありました。それは何処に住むのか?

ロジャー自身、新たに別の家族と住みたいわけでなく、かといって16歳で一人暮らしをするには早すぎました。そして、親友であり、デビスカップのチームメイトとなるイヴ・アレグロとの想い出深い共同生活が始まります。

 

>>第14章へつづく<<

 

関連記事

  1. フェデラー物語【第10章】「ジュニア時代のフェデラーとヒューイット」

  2. フェデラー物語【第9章】全国大会で優勝するも「ロジャーが世界一なんて…誰も想像できなかった」

  3. テニス選手_時計ブランド_スポンサー_アンバサダー契約_tennisfan

    TOP10テニス選手の腕時計ブランドを徹底比較【特集】

  4. フェデラー物語【第12章】「ジュニア時代のフェデラーとヒューイットの初対戦」

  5. ジョコビッチVSマレーの試合がつまらない理由_フェデラーショックの弊害

    フェデラーショックの弊害 ジョコビッチVSマレーの試合がつまらない5つの理由【コラム】

  6. 徹底比較!天才型のフェデラー&メッシ・努力型のナダル&ロナウド

  7. フェデラー VS ナダル ~史上最高のライバル~【徹底比較】

  8. フェデラー物語【第3章】「テニスとの出会い」

  9. テニス big4 ブランドロゴ bland logo

    テニスBIG4のパーソナルブランドに迫る!ロゴの意味や特徴を比較。

今週の売れ筋テニスギア

PICKUP 12月号





Banner_広告掲載_Tennisfan_png (1)

テニス選手の本_おすすめ_自伝_2020_tennisfan

テニス選手_時計ブランド_スポンサー_アンバサダー契約_tennisfan

  1. ジョコビッチ_歴代ラケット_ヘッド

    ジョコビッチの歴代ラケット一覧|ウィルソン時代からヘッド”スピー…

  2. ナダル_歴代_テニスラケット_バボラ_2020

    ナダルの歴代ラケット一覧|ジュニア時代から最新のバボラ「ピュア…

  3. 祝! 13度目の全仏優勝を飾ったナダル。GS20勝目でフェデラーに並ぶ!

  4. 錦織圭_歴代ラケット_テニス_ウィルソン

    錦織圭の歴代ラケット一覧|2008-2020年のウィルソン15本一挙紹介!

  5. フェデラー_歴代テニスラケット_ウィルソン_プロスタッフ_©tennisfan (1)

    フェデラーの歴代ラケット一覧|1998-2021年のウィルソン”プロスタ…