「未来の世界No.1」ドミニク・ティエム 錦織次世代の筆頭選手【Wiki】

ドミニク・ティエム_テニス_Dominic Thiem

1. ドミニク・ティエム プロフィール

thiem-munich-2016-saturday

錦織の次世代、U23世代の超期待の新星

ドミニク・ティエムはオーストリア出身の現在若手の中でも最も成長著しい選手です。

2012年にプロデビューし、現在23歳で既にツアータイトルは7勝、全仏オープン2016ベスト4、世界ランク7位の実績。A・ズベレフ、T・フリッツ、N・キリオスらと共に錦織以下の次世代(U23世代)を担う有望な選手の中でもティエムは頭一つ飛び抜けています。

また、コート外の振る舞いは謙虚で素晴らしく評判の良い好青年です。自身のfacebookページに自ら試合結果などを頻繁に投稿しています。趣味はサッカーとスキージャンプ。

 

2. プレーススタイル・強み・特徴

dominic-thiem

スタイル:オフェンシブなアグレッシブベースライナー

ベースラインから大きなテイクバックからのフォアハンドと直線的なバックハンドの強打を武器としながら、攻めにも守りにも強いスタイルです。ハマっている時は、Big4相手でもベースライン上から強烈なストロークでバンバンウィナーをとります。特に、クレーコートで強さを発揮します。

強み1:ダイナミックなストローク

フォアハンドは長くダイナミックなテイクバックが特徴で、トップスピンがかかった強烈な球を打ちます。2016年の全仏オープン準決勝では、ノバクジョコビッチ相手に果敢に攻め続け、ウィナーを量産し鮮烈な印象を残しました。

バックハンドはシングルハンド。厚くグリップで両手に負けない力強さがあります。一般的にフェデラーを始めとするシングルバックハンドの弱点と言われる高く跳ねるスピンボールをも苦にせず打ち返すことができます。現在、台頭する若手選手の中では、片手バンクの使い手は珍しく、ティエムは代表格の選手です。

強み2:サービス

サービスは最速233キロですが、特にアドバンテージサイドでの1stではスピンサーブを打つことが多いです。サービスはポイントを取れる強烈な武器と言えます。

強み3:フットワーク

フットワークが非常よくスタミナも兼ね備えています。フェデラーの様な華麗なフットワークではないものの、運動神経の良さを感じさせる動きの良さと、リズム感の良さは将来性を感じます。

 

3. キャリアストーリー

Austrian-tennis-player-Dominic-Thiem-poses-with-his-trophy-during-the-award-ceremony-after-the-final_1455524809353239

ジュニア~2014年 世界ランク39位へ

テニスコーチの両親のもと6歳でテニスを始め、2011年全仏オープンのジュニアシングルスで準優勝。2011年全豪オープンジュニアダブルスベスト8。2011年全豪オープンジュニアダブルスベスト4。ITFジュニアランキングでは世界2位を記録。

そして、2014年全豪オープンで予選を勝ち上がり4大大会に初出場。同年のマドリード・マスターズでは世界3位のワウリンカに1-6、6-2、6-4で勝利、初トップ10選手からの勝利を飾りました。

2015年:世界ランク20位へ飛躍!

21歳にしてツアー3勝をあげ、年間最終の世界ランキングを20位とし飛躍の年としました。

■2015年ツアー成績

  • 1月 全豪オープン:1回戦
  • 3月 マイアミオープン(MS1000):ベスト8
  • 5月 ニース・オープン(ATP250):優勝
  • 5月 全仏オープン:2回戦
  • 6月 ウィンブルドン:2回戦
  • 7月 クロアチアオープン(ATP250):優勝
  • 7月 スイス・オープン・グシュタード(ATP250):優勝
  • 10月 全米オープン:3回戦

2016年:全仏ベスト4!一気にTOP10選手へ

2016年は初のATP500のタイトルを獲得し、6月時点で今季3勝をあげている。全仏オープンでは準決勝まで進出し、優勝したノバクジョコビッチに2-6, 1-6, 4-6で敗れましたが、翌週の世界ランキング初のトップ10入りを果たし世界7位をマーク。22歳にして、世界6位の錦織圭に続くトップ選手の仲間入りを果たしました。

メルセデス・カップでは、芝のコートでロジャーフェデラーを3-6, 7-6 (9-7), 6-4の逆転で下し、今季5度目の決勝進出を決めました。そして、フィリップ・コールシュライバーを下しキャリア通算7勝目をあげました。

■2016年ツアー成績

  • 1月 全豪オープン:3回戦
  • 2月 アルゼンチンオープン(ATP250):優勝
  • 2月 リオオープン(ATP250):ベスト4
  • 2月 メキシコオープン(ATP500):優勝
  • 3月 インディアンウェルズ(MS1000):ベスト16
  • 3月 モンテカルロ(MS1000):ベスト16
  • 4月 BMWオープン(ATP250):準優勝
  • 5月 BNLイタリア国際(MS1000):ベスト16
  • 5月 ニース・オープン(ATP250):優勝(2連覇)
  • 5月 全仏オープン:ベスト4
  • 6月 メルセデス・カップ(ATP250):優勝
  • 6月 ウィンブルドン:2回戦敗退
  • 6月 ゲリー・ウェバー・オープン:ベスト4
  • 7月 オーストリア・オープン:初戦敗退
  • 7月 ロジャーズ・カップ:初戦棄権
  • 8月 シンシナティ・マスターズ:ベスト8
  • 9月 全米オープン:ベスト16
  • 12月 ATP・ツアーファイナル:初出場 RR敗退

2017年:

■2017年ツアー成績

  • 1月 ブリスベン国際:ベスト8
  • 1月 全米オープン:ベスト16

 

4. 使用ラケット・シューズ・ウェア

  • ラケット:Babolat Pure Strike
  • シューズ:adidas Baricade 17
  • ウェア:adidas

 

5. ティエムのTOP選手からの評価・コメント

タフな相手。サーブも背のわりに結構良い。フォアもしっかりしている。」-錦織圭

彼はコートの中でも外でも、その年齢にしてとても良い振る舞いをしている。彼は次世代を担う選手。テニスもとてもパワフルで、しかもバラエティーに富んだプレーもしている。」-ジョコビッチ