【男子テニス】現役最強のサーブを打つ選手ランキングTOP10 2016年

男子テニス_最強サーバー_ランキングTOP10_2016

男子テニス界で最強のサーブを打つ選手は誰なのか?

1STサーブの最高速度ばかりが最強サーバー選びの議論に登りますが、今回はサービスゲームの確率、ポイント・ゲーム奪取率、サービスエース数、ダブルフォルド数など、各種スタッツから真のサービスゲームの強さを算出し、サービス最強の男子選手ランキングTOP10【2016年版】を発表します。

 

男子テニス サービス最強選手のランキング算出ロジック

2016年シーズン52週間のサービスゲームの各種スタッツを元に、ATP Leaderboadが総合評価をつけています。

  • 1STサーブの確率
  • 1STサーブのポイント奪取率
  • 2NDサーブのポイント奪取率
  • サービスゲームの奪取率
  • 一試合あたりの平均サービスエース数
  • 一試合あたりの平均ダブルフォルト数

 

【結果解説1】イズナー、カルロビッチ…ビッグサーバーが軒並みランクイン

1位にジョン・イズナー(US)、2位にイボ・カルロビッチ(CRO)、3位にミロシュ・ラオニッチ(CAN)、4位にニック・キリオス(AUS)と、上位には身長が高いビッグサーバーと呼ばれる選手たちが軒並みランクインしています。現在の男子プロのサービスの平均速度は200Km弱と言われる中、ビッグサーバーは220~230Kmのサーブをバンバン放ち、そのサービスゲームを優位に進めます。本ランキングのTOP10選手においては、1STサーブが入った場合のポイント奪取率は平均80%です。

 

【結果解説2】フェデラーがビッグサーバーに引けを取らない理由

そんな中、特に目を引くのが、5位のロジャー・フェデラー(SWE)の存在感でしょう。長身選手の台頭とラケットの改良により、現代テニスのビッグサーバーの1STサーブの最高時速は250~260Km(歴代最速は263km)にも達します。一方、フェデラーは最高速度209Kmと爆発力は無いものの、天才的なタッチ、テクニック、そして戦略的ゲームメイクで質の高いサーブを放ち、サービスゲームで無類の強さを誇っています。その特徴は、ノータッチエースは平均8.8本/試合とその他の選手を大きく下回る一方で、ダブルフォルトは平均1.7本/試合とずばぬけて低いデータから良く分かります。ツアー選手の中で、1STと2NDの質に差が最も少ないのがフェデラーの強さの一つです。

 

Serve Leaders Versus All Players On All Surfaces For 52 Weeks 2016

2016年シーズンのサービスゲームにおける最強選手TOP10を紹介します。

サービス最強選手TOP10 
サービス総合評価
1ST サーブ確率 
1ST サーブポイント奪取率
2ND サーブポイント奪取率 
サービスゲーム奪取率
サービスエース平均数/試合
ダブルフォルト平均数 /試合
1
ジョン・イズナー/John Isner
319.769.3%82.2%54.5%93.2%23.22.7
2
イボ・カルロビッチ/Ivo Karlovic
310.564.3%82.1%55.6%92.7%20.95.2
3
ミロシュ・ラオニッチ/Milos Raonic
299.364.1%80.0%55.3%90.6%12.73.3
4
ニック・キリオス/Nick Kyrgios
297.166.4%76.0%55.1%88.7%13.82.9
5
ロジャー・フェデラー/Roger Federer
295.762.4%79.9%56.4%89.9%8.81.7
6
ジレ・ミュラー/Gilles Muller
294.260.6%81.3%52.7%88.0%15.13.6
7
サム・クエリー/Sam Querrey
285.358.5%79.9%51.6%85.3%13.13.1
8
マリン・チリッチ/Marin Cilic
284.355.3%79.5%54.8%86.9%10.22.4
9
J・W・ツオンガ/Jo-Wilfried Tsonga
283.960.3%78.3%51.6%87.7%9.13.2
10
ケビン・アンダーソン/Kevin Anderson
282.859.3%77.1%52.5%85.3%13.04.4

参照元:ATP Stats Leaderboards SERVE LEADERS

 

【補足】その他のTOP選手のランキング

その他、主要な選手のランキングは以下の通りです。1ST・2ND共に抜群の安定感を誇るノバク・ジョコビッチ(SRB)が11位につけています。一方で、TOP選手の中でも、サービスに課題も持つラファエル・ナダル(SPA)や錦織圭(JPN)は、他の選手より低く位置にランクインしています。一方でリターンゲームは非常に強いです。

  • 11 ノバク・ジョコビッチ
  • 12 J・M ・デルポトロ
  • 14 スタン・ワウリンカ
  • 18 アンディー・マレー
  • 20 トマーシュ・ベルディヒ
  • 23 ラファエル・ナダル
  • 27 錦織圭

 

【関連】

シェアして日本のテニスを盛り上げよう!

新刊発売『ナダルノート すべては訓練次第』


 
2017年6月1日発売!
 
「本書の中にある教訓は、私を導いてくれたようにきっとあなたにも役立つものだ」―ラファエル・ナダル
 
世界中のファンを虜にする魅力あふれるプレーヤー、ラファエル・ナダル。決して特別な子ではなかったラファが世界トップに君臨し続けるまで成長できたのはなぜか?
 
「本物の才能とは、学び続けることができていつまでも自らの限界を引き上げられることだ」―トニー・ナダル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です