テニス界No.1の肉体美!ラファエル・ナダルの筋肉の美しさ。

ラファエナダル 筋肉

テニス界No.1の肉体美を持つスペインのラファエル・ナダル。

ナダルの筋肉は一般的なトップテニス選手としては、かなり大きく太いです。しかし、その筋肉こそがナダルの強烈なストロークを可能にしている強さの秘密です。

今回はラファエル・ナダルの筋肉、肉体の強さについてフォーカスします。

ラファエル・ナダルの身体的特徴は美しい筋肉

ラファエナダル 筋肉

ラファエル・ナダルはスペインのマヨルカ島出身の1986年6月3日生まれの29歳です。身長は185センチで体重は85キロです。BMIは24.8です。

テニスに必要な瞬発力と持久力と兼ね備えた筋肉

テニスは時には4,5時間に及ぶ試合展開があり、持久力が必要なスポーツです。トップ選手の中でもナダルは守備型の粘り強い試合が多いため、特に持久力に富んだ筋肉が必要です。しかし、一方でテニスは常にラリーの中で瞬間的な判断を行い、行動に移していかなかればならない高度なスポーツです。なので、筋肉の瞬発性も必要です。

ナダルの筋肉こそがエッグボールの秘密

ナダルの試合はベースラインから、ストロークを中心に相手の球を拾って拾って拾いまくって、カウンターで決めるような我慢強いゲーム展開していきます。彼の左手から繰り出すエッグボールと呼ばれる強烈なスピンボールには他のトッププロ以上の筋力が必要です。特にナダルのフォアハンドはスイング後のフォロースルーに特徴があり、利き手と逆側へ交差するのではなく、真上に振り上げます。実は、このスイングにはかなりの上腕二頭筋の筋肉が必要です。

 

ナダルの筋肉トレーニング

ラファエナダル 筋肉

隆々とした筋肉は遺伝的なもの。筋トレはしない?

「この筋肉は、遺伝的なものでしょう。僕の家族の男性は、皆体格に恵まれ強い筋肉を持っています。特に叔父のミゲル・アンヘル(元スペイン代表のサッカー選手)ですが、今の僕よりも凄い身体をしているほどです。

この筋肉はどうやって鍛えたか?…ジムのトレーニングルーム? いいえ、それは違います。実は、僕は筋肉をつける目的で筋トレをしたことは無いのです。なので、恐らく生まれついてのものでしょう。」–ナダル

 

ナダルの日々の筋肉トレーニングメニュー

ナダルの筋肉トレーニングは弾力性があるゴムチューブトレーニングと体幹トレーニングとストレッチの3つから成り立っています。

 

①ゴムチューブトレーニング

nadal-training

 

②体幹トレーニング

nadal-training-core

③ストレッチ

4446671708_92e0713f0a_o

 

筋肉とプレースタイルのせいで怪我も多い

Rafa-infographic-2014-0730

ナダルは力でゴリゴリ押して、無理をしてプレーするスタイルです。練習ですら120%の力を出し切るので、試合では尚更です。

激しい練習の代償で、プロ転向後に足にある舟状骨の故障が原因で動けなくなったこともあります。その時には、ゴルファーに転向することさえ検討したほどです。 また、2014年には手首の故障や、虫垂炎の手術などを経験。これまでの激しいプレーの代償がここにきて、身体に支障をきたしています。これまでに13カ所を故障しています。(写真)

 

美しい肉体美で数々のモデルに起用

FHM BIONIC(ファッション雑誌)

ラファエナダル 筋肉

トミーヒルフィガー

ラファエナダル 筋肉 ラファエナダル 筋肉

アルマーニ

ラファエナダル 筋肉 13-rafael-nadal-armani-fittest-bodies-in-sports1

 

 

ナダルの全てがここに!25歳のナダル自身が書いた自伝

「世界中でナダルが熱狂的に支持されているのは、彼がマッケンローのように情熱的であるのと同時に、冷血な殺し屋のボルグのように自制的だからだ」(本文より)

赤土の王者 ナダル特集!

  1. スポンサー:ナダルのスポンサー企業と契約料。34億円で世界8位。
  2. ブランドロゴ:テニスBIG4のパーソナルブランド比較!ナダルの猛牛ロゴの意味に隠された秘密。
  3. 最強選手議論:最強は誰だ!?ジョコビッチ・フェデラー・ナダルのテニス界の評価。
  4. 時計:ナダルの時計は1億円!TOP10テニス選手の腕時計ブランドを徹底比較
  5. 王者復活:ナダルが2016モンテカルロ優勝!2年半ぶりのマスターズ制覇(試合レポ)!
ラファエナダル 筋肉

シェアしてテニスを盛り上げませんか?

全米オープンはWOWOWで!
今季はフェデラー史上初の邦訳本が2冊登場!ファン待望『FEDEGRAPHICA』が11月3日発売!
Fedegraphica_フェデラー_本 ロジャー・フェデラー伝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です