【2017年】錦織圭の試合日程・年間スケジュール・大会結果

Kei Nishikori_2017_Tour_Schedule

2017年に錦織圭がツアーで参加予定の大会一覧と試合結果です。

■ブリスベン国際・全豪オープン〜

今年は年始のブリスベン国際で決勝進出し幸先良いスタートを切れたものの、全豪オープンで復活したフェデラーにフルセットで競り負け4回戦敗退。その後、世界ランク4位以内を定位置にすべく、2月は確実にポイントを稼ぐべく4連覇中のメンフィスを捨てて、南米のクレーコート大会へ出場。しかし、アルゼンチンで準優勝、リオで初戦負け、と調子を落とします。

■MSクレー大会〜全仏オープンまで

ベストパフォーマンスを取り戻せない中、臨んだ全仏オープンでしたが、苦戦の末ベスト8まで辿りつき王者マレーに敗れるも、なんとかTOP10へ留まる切符を手にしました。(早期敗退していれば世界ランクが20位後退する可能性があったと松岡修造氏がコメント)

6月現在、世界9位まで後退しています。2強のマレー、ジョコビッチの不振でチャンスが出てきたものの、かつての王者フェデラー、ナダルの完全復活、そして台頭するドミニク・ティエム、ダビド・ゴフィン、ニック・キリオスらに加えて、台頭するアレクサンダー・ズベレフなどの若い勢力など、世界1位とグランドスラム、マスターズ初優勝を目指す錦織には険しい道のりです。

■苦手の芝シーズン〜ウィンブルドンまで

全英前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンでは2回戦棄権、本命のウィンブルドンでも3回戦敗退とグラスコートでは結果を残すことができませんでした。

■今季全試合を欠場発表

ポイントのディフェンドがかかった得意のハードシーズンでしたが、マスターズのロジャーズ・カップで2回戦敗退。W&Sオープン欠場。そして8月16日、右手首のケガで全米オープンを含む今季の残りの大会すべてを欠場することを発表しました。発表時点での世界ランクは9位、保有ポイントは3285ポイントでした。

昨年の全米オープン準決勝進出で得た720ポイントと、ツアーファイナルズ ベスト4の200ポイント、スイス室内の決勝進出の300ポイントの合計1400ポイントが失効することが確定しています。来シーズンは世界ランク20位台からの出発になることが予想されます。

 

 

日程カテゴリー大会名開催地サーフェス2017成績2016成績
1/1~250ブリスベン国際ブリスベンH準優勝ベスト8
1/16~GS全豪オープンメルボルンHベスト16ベスト8
2/3~ITFデビスカップ東京H不参加
2/13~250アルゼンチン・オープンブエノスアイレスCL準優勝 
2/20~500リオ・オープンリオデジャネイロCL初戦敗退
3/9~1000BNPパリバ・オープンインディアンウェルズHベスト8 
3/22~1000マイアミ・オープンマイアミHベスト8準優勝
4/24~500バルセロナ・オープンバルセロナCL不参加準優勝
5/7~1000 ムチュアマドリッド・オープンマドリードCLベスト8 ベスト4
5/14~1000 BNLイタリア国際 ローマCL3回戦敗退ベスト4
5/21250ジュネーヴ・オープンジュネーブCLベスト4不参加
5/28~GS全仏オープンパリCLベスト8ベスト16
6/19~500ゲリーウェバー・オープンハレG2回戦棄権 2回戦棄権
7/2~GS ウィンブルドンロンドンG3回戦敗退ベスト16
8/7~1000ロジャーズ・カップモントリオールH欠場 準優勝
8/13~1000 ウェスタン&サザーン・オープンシンシナティH欠場 3回戦敗退
8/28~GS 全米オープンニューヨークH欠場 ベスト4
10/2~500楽天ジャパン・オープン 東京H欠場 2回戦
10/8~1000 上海ロレックス・マスターズ上海H欠場 
10/30~1000 BNPパリバ・マスターズパリIH欠場 3回戦
11/12~TourFinal ATPワールドツアー・ファイナルズロンドンIH欠場 ベスト4

 

シェアして日本のテニスを盛り上げよう!

新刊発売『ナダルノート すべては訓練次第』


 
2017年6月1日発売!
 
「本書の中にある教訓は、私を導いてくれたようにきっとあなたにも役立つものだ」―ラファエル・ナダル
 
世界中のファンを虜にする魅力あふれるプレーヤー、ラファエル・ナダル。決して特別な子ではなかったラファが世界トップに君臨し続けるまで成長できたのはなぜか?
 
「本物の才能とは、学び続けることができていつまでも自らの限界を引き上げられることだ」―トニー・ナダル