錦織圭のぶっちゃけお金事情に迫る!年収,賞金,スポンサー からコーチ料,スタッフ料,資産管理まで。

jaguar-f-type-kei-nishikori-edition

アジア人として男子では史上最高の活躍と成功を掴んだ、日本のエース錦織圭。

遂に世界1位への『頂点への道』もハッキリを見えてきました。今回は、錦織圭のお金事情に切り込んで解説します。プロテニス選手は成功すれば莫大な賞金とスポンサー契約金を獲得でき世界的なセレブになれる可能性を秘める一方で、年間通じて開催される世界各地へのツアー転戦に伴う移動費やコーチやスタッフの契約料などの経費も莫大です。

収入1. 賞金

maxresdefault-1

4大大会の中でも最高額の賞金を誇る全米オープンの2016年大会は、優勝3.5億、準優勝1.8億、ベスト4 9千万まで賞金が高騰した。

キャリア獲得賞金は15億円超へ

2016年7月発表のキャリア獲得賞金ランキングで、錦織は$13,461,747(約14億3,500万円)で歴代30位にランクインされています。その後、全米オープンでベスト4入りし約9,000万円の賞金を獲得し、15億円を突破しました。

  • 2012年:$1,044,847(賞金ランク21位)
  • 2013年:$1,180,923(賞金ランク23位)
  • 2014年:$4,439,218(賞金ランク6位)
  • 2015年:$3,302,055(賞金ランク8位)
  • 2016年:暫定 $3,699,201(賞金ランク4位)

 

収入2. スポンサー収入

jagur keinishikori sponsor

JAL、ユニクロなどの日本企業は勿論、ジャガー、タグ・ホイヤー、P&Gなど一流のグローバル企業とも契約を結んでいる。

2015年のスポンサー収入の合計は18億円($15M)スポーツ界全体で19位

アジア唯一の男子トッププレイヤーとしてグランドスラム制覇の可能性を秘める錦織は、国内外の15社とスポンサー契約を結んでいます。2015年のスポンサー収入の合計は18億円($15M)と世界のアスリートの中でも第19位にランクインしています。テニス界では、スポーツ界でも1位のロジャー・フェデラー、7位のノバク・ジョコビッチ、8位のラファエル・ナダル、12位のマリア・シャラポワ、16位のアンディー・マレーに次いで、6番目に高い収入でした。(セリーナ・ウィリムズは世界第20位でこの時点で、女子テニス界のレジェンドを超えています)

リオ五輪”銅メダル”快挙の臨時ボーナスは8億円

ナダルを破っての銅メダル獲得と歴史的快挙に沸いたリオ五輪でしたが、通常は五輪に賞金は出ないというのが建前。しかし、錦織はスポンサー10社から“合計8億円の五輪ボーナス”が支払われることなりました。JALやユニクロなど複数年契約を結んでいる企業3社は1億5千万円程度ずつ、そのほかの企業もそれぞれ5千万円程度支払う予定と言われています。一応、JOCから100万円、日本テニス協会から200万円の報奨金が出ますが、それらがかすむほどです。

 

支出1. コーチ料 “マイケル・チャン”【年間2億円】

TOKYO, JAPAN - NOVEMBER 22: (L-R) Kei Nishikori and coach Michael Chang attend the Dream Tennis exhibition match at Ariake Colosseum on November 22, 2014 in Tokyo, Japan. (Photo by Jun Sato/Getty Images)

マイケル・チャンは、アジアにルーツを持つ台湾系アメリカ人。17歳で全仏優勝を成し遂げ、ツアー34勝を挙げたた名選手。

契約内容

マイケル・チャンと錦織は1年の内、約20週の契約で重要な試合や重要な指導を行うなど、フルではなくピンポイントでの契約を結んでいます。マイケルは、コーチ契約に“いつでも家族と一緒にいられるようにしてほしい”という一文を盛り込んでいます。世界中を転戦するなかでマイケルの家族もついて来られるよう、渡航費や滞在費などを錦織が負担することになっています。それ以外にも、帯同した試合に関してはその試合の賞金の10%がチャンに支払われます。最初に契約した2014年のコーチ契約は年間で約7千万円と言われていましたが、錦織の飛躍と獲得賞金の大幅UPに伴い、2016年現在は推定、年間2億円です。

トレーニングとメジャー大会の帯同がメイン

「僕はアメリカいる家族のこともあるので、圭のツアーにフル帯同はできません。しかし、代わりにダンテが全ての大会に帯同して試合をチェックします。僕が圭を直接見るのはトレーニングと、全豪、全仏、全英、全米の4つのグランドスラム、加えていくつかのツアー大会です。ダンテと僕は非常に良好な関係を築いており、彼とは毎日相談しています。そして、僕自身も圭の試合に帯同できない時も、試合をテレビで見て、圭とダンテの両方と、試合前や後に戦術面の話し合いを行います。」-マイケル・チャン

 

支出2. コーチ料 “ダンテ・ボッテーニ”【年間数千万円】

keinishikoridantebottinimutuamadridopenhslldcvvcskl

ダンテ・ボッテーニはアルゼンチン出身の元プロ選手で、自己最高はシングルスで827位。

契約内容

2014年時点は年間3,000万円のコーチ契約でした。マイケル・チャンの上がり幅が約3倍ですので、ダンテのコーチ料も同様にUPし現在は年間1億円弱の可能性があります。

口うるさいマイケルと、楽観的なダンテの絶妙なバランス

「実はマイケルは、相当に口うるさいです。正直、圭とマイケルの性格はあまり合っていないと思いますが、圭には経験にもとづいた説得力のあるマイケルのアドバイスが必要です。一方、ダンテのようなイージーゴーイング(楽観的なタイプ)が、圭は大好き。だから、ダンテもいないとダメなんです。ダンテとマイケル、2人のコーチの指導がうまくミックスできているので、最高のチームになっている気がします。」-松岡修造

「マイケルはコミュニケーションに非常に長けています。僕たちは同じ事を話しているのが分かると意気投合しています。現役時代のマイケルはとてもタフな選手だったので、マイケルが『いいか。君は大丈夫だ。もっと追い込める。怪我はしない』と言えば、圭は耳を傾けます。全てが上手く行っています」-ダンテ・ボッテーニ

 

支出3. TAEM ケイの14名の専属スタッフ【年間3億円】

nishikori team kei

錦織はマイケルとダンテのコーチ2名に加えて、14名もの専属スタッフを抱えています。ツアーに帯同するのは、フィジカル&メンタルトレーナー、栄養管理士、その他スタッフら総勢14名。その人件費は年間3億円程度にものぼり、勿論錦織の自己負担です。活躍すれば、より多くの賞金やスポンサー契約も期待できるので、テニスで勝つための投資を惜しまない姿勢が見えます。

 

支出4. ツアー移動費(プライベートジェット)【年間1億円】

netjets

トッププロの移動手段はプライベートジェット機が当たり前

トップアスリートの多くは転戦続きのツアーで、移動によるストレスと体力消耗を少なくし、早く目的地に到着できるようにプライベートジェットを利用しています。テニス界ではフェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー、シャラポワ、セリーナなど名だたる世界のトッププレイヤーは当然です。特に、フェデラーの場合は、自家用ジェット機の大手ネットジェッツ(ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー社参加)とスポンサー契約を結んでいます。一方、ジョコビッチはリアジェットという会社を利用しています。

錦織のプライベートジェット維持費はリース契約で、年間1億円程度

錦織はJAL(日本航空)と5年15億円のスポンサード契約を結んでおり、ファーストクラスでの移動サポートを受けています。それに加え、プライベートジェットを利用しています。しかし、通常プライベートジェットは欧州転戦などの短い距離で使用していて、購入ではなくリース契約で年間1億円程度だと言われています。リオ五輪3位決定戦終了後、その日の14日夜にはプライベートジェットで、拠点とするフロリダの自宅に戻り、翌日の15日にマスターズに参加するためにシンシナティ入りしたことは記憶に新しいです。。

 

資産管理 IMG【34億円の年収】

01tennis-3-articlelarge

錦織が卒業し現在も拠点としているフロリダのIMGは、選手のマネジメントも行っており、ジョコビッチや錦織らが契約している。

34億円の年収はIMGが管理

2016年7月『フォーブス』が“世界のセレブ100人”を発表し、錦織は日本人として唯一82位にランクインしました。錦織の2015年の年収(賞金+スポンサー)は約34億円ですが、その賞金やスポンサー契約料などの収入は、基本的にマネジメント契約を結んでいるIMGが管理しています。

 

第二の盛田ファンド、”錦織財団”の野望【10億円規模】

錦織圭 盛田正明ファンド MMTFかねてから錦織は『将来は“錦織財団”を作りたい!』と語っています。13歳で米国IMGアカデミーにテニス留学したことが今の錦織圭の原点になっているのは有名な話ですが、それを実現させてくれたのがソニー創業者の実弟・盛田正明氏が私財を投じて設立した『盛田正明テニス・ファンド(MMTF)』の奨学金でした。そのMMTFでは、世界ランク100位に入った選手は後輩の育成費用として獲得賞金の10%をファンドに寄付する制度を設けていますので、既に錦織はファンドに「恩返し」をしています。

「錦織選手への支援額は公表できませんが、2008年から昨年までの5年間、獲得賞金の1割を還元していただきました。すでに返済は終了しています」-MMTF

今や、年収34億円の世界のトップエリートへと駆け上がった錦織は、支援者の盛田正明氏や松岡修造氏の支援や指導のお陰だと実感していおり、今度は自分自身が”日本の子供達を第二の錦織圭を輩出する”という使命に燃えているようです。その為に、MMTFと同じく10億円の財源を貯めていると言われています。

 

全米マレー撃破でいよいよ見えてきた”頂点への道”

jaguar-f-type-kei-nishikori-edition

シェアしてテニスを盛り上げませんか?

全米オープンはWOWOWで!
今季はフェデラー史上初の邦訳本が2冊登場!ファン待望『FEDEGRAPHICA』が11月3日発売!
Fedegraphica_フェデラー_本 ロジャー・フェデラー伝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です