1位はフェデラー!歴代最強・史上最高のテニス選手TOP10【男子編】

史上最高 歴代最強 ロジャーフェデラー

ATPツアーの男子シングルス選手で歴代最強選手、史上最高選手は誰なのか?

今回はそれぞれの時代で最強、最高と称され時代を築いた10名の選手をランキング形式で紹介します。

 

10 ジミー・コナーズ/Jimmy Connors(USA)

jimmy-connors-

選手プロフィール歴代最強プレーヤーの呼び声が高い1970年代の男子テニス界に長らく王者として君臨したレジェンド。コナーズは現役時代は悪役的なキャラクター。ビョルン・ボルグ、ジョン・マッケンロー、イワン・レンドルらと並び、男子テニスの歴史を通じて最も輝かしい黄金時代を築いた名選手のひとりである。世界ランキング1位連続保持記録「160週」はフェデラーに次ぐ歴代2位。世界ランキング1位通算在位記録「268週」は歴代4位。米国UCLA出身の高学歴。1972年でプロデビューしてから、96年まで22年間に渡って現役生活を続けた。

四大大会成績:8勝(全豪1・全仏0・全英2・全米5)

ツアー勝利:シングルス109勝・ダブルス16勝

ATPシングルス1位通算在位:268週

生涯獲得賞金:$8,641,040

現在の活動:引退後はほとんどテニスとの関わりを持たずにいる。2006年にアンディ・ロディックのコーチを務めた。

 

9. イワン・レンドル/Ivan Lendl(CRZ)

ivan-lendl

選手プロフィール:1980年代の男子テニス界の絶対王者。世界ランキング1位連続在位記録「157週」はフェデラー、コナーズに続いて歴代3位。世界ランキング通算在位記録「270週」はフェデラー、サンプラスに次ぐ歴代3位。

四大大会成績:8勝(全豪2・全仏3・全英0・全米3)

ツアー勝利:シングルス94勝・ダブルス6勝

ATPシングルス1位通算在位:270週

生涯獲得賞金:$21,262,417

現在の活動:2010年にシニアツアーへ復帰し現在も参戦中。2012年より2年間アンディ・マレーのコーチへ就任し、2012年全米や13年ウィンブルドン、ロンドン五輪の優勝に貢献した。チェコ出身だが、現役時代の晩年92年にアメリカに帰化し、現在もコネチカット在住。

 

8. ジョン・マッケンロー/John McEnroe(USA)

ジョンマッケンロー

選手プロフィール:80年代前半の王者。天才的なタッチセンスでサーブ&ボレーを主軸としたオールラウンダー。シングルスとダブルスの両方でランキング1位を達成している。「悪童」と呼ばれたほどのクレーマーだが、ファンに愛された。米国スタンフォード大学出身(中退)。

四大大会成績:7勝(全豪0・全仏0・全英3・全米4)

ツアー勝利:シングルス77勝・ダブルス71勝

ATPシングルス1位通算在位:177週(歴代位)

生涯獲得賞金:$12,552,132

現在の活動:現在もシニアツアーで活躍している。アメリカのTV番組でも活躍している。

 

7. ノバク・ジョコビッチ/Novak Djokovic(SRB)

73387

選手プロフィール:現在のATPツアーの支配力を圧倒的実績から、史上最強の呼び声が高い選手。まだ実績面ではフェデラーやナダルに劣るが、追い抜く可能性は十分にある。グランドスラム優勝11回で歴代5位タイ。全豪オープンオープン化以降最多優勝・最多連覇の3連覇6回優勝。ワールドツアー・ファイナル優勝5回現在4連覇中。2011年と2015年にはオープン化以降男子6人目となる4大大会3冠を達成。もっと詳しく>>「日本一詳しいノバク・ジョコビッチ(WIKI)」を参照。

四大大会成績:11勝(全豪6・全仏0・全英3・全米2)

ツアー勝利:シングルス63勝・ダブルス1勝

ATPシングルス1位通算在位:179週(歴代5位)

生涯獲得賞金:$97,171,248

現在の活動:世界1位。2015年よりジョコビッチ一強時代で他の選手を寄せ付けない圧倒的な強さを誇っている。16年は史上初のマスターズ1000全大会制覇、全仏を獲って生涯グランドスラム達成、リオオリンピック金メダルを獲得してゴールデンスラム達成など大記録を狙っている。

 

6. アンドレ・アガシ/Andre Agassi(USA)

アンドレアガシ

選手プロフィール:。90年代にサンプラスをはじめビッグサーバーの活躍が目立つなか「世界一のリターナー」と称された天才ストローカー。史上唯一のキャリア・グランドスラム・オリンピックシングルス金メダル・ATPツアーファイナル優勝の3冠達成者。1986年にツアーデビューして、2006年まで活躍。キャリア晩年の2005年全米オープンでも決勝に進出しフェデラーと好ゲームを演じたなど、長期に渡ってツアーで活躍した。

四大大会成績:8勝(全豪4・全仏1・全英1・全米2)/生涯グランドスラム達成

ツアー勝利:シングルス60勝・ダブルス1勝

ATPシングルス1位通算在位:101週

生涯獲得賞金:$31,152,975

現在の活動:ドイツの絶対女王のシュテフィ・グラフと結婚し2人の子どもを抱える父親。引退後に出版した自叙伝『OPEN』で現役の期間中にレクレーショナルドラッグを使用をしたことを認めた。

 

5. ビヨン・ボルグ/Bjorn Borg(SWE)

ビヨンボルグ

選手プロフィール:70年代から80年代初頭にかけて活躍したレジェンド。ジミー・コナーズやジョン・マッケンローらと共に、男子テニスの黄金時代を築いた。全仏オープンに4連覇を含む6勝、ウィンブルドン選手権で5連覇を達成している。

四大大会成績:11勝(全豪0・全仏6・全英5・全米0)

ツアー勝利:シングルス64勝・ダブルス4勝

ATPシングルス1位通算在位:109週

生涯獲得賞金:$3,655,751

現在の活動:引退後はスキャンダルが多い。現在はスウェーデンで若手育成に尽力。

 

4. ロッド・レーバー/Rod Laver(AUS)

ロッドレーバー

選手プロフィール:1962年と1969年の2度に渡ってその年の4大大会の全てを制する「年間グランドスラム」を達成した名選手である。

四大大会成績:11勝(全豪3・全仏2・全英4・全米2)※その他、ダブルス5勝、混合3勝

ツアー勝利:200勝

生涯獲得賞金:$1,565,413

現在の活動:現在77歳。母国オーストラリアではその功績をたたえて、全豪オープンのセンターコートはロッドレーバーアリーナと命名されている。

 

3. ピート・サンプラス/Pete Sampras(USA)

ピートサンプラス

選手プロフィール:1990年代最強のテニスプレイヤーでアガシと共に一時代を築いた。世界ナンバー1在位286週の記録を保持している(連続6年間)。フェデラーと並び、史上最高のオールラウンドプレイヤーと称される。2002年の全米オープンで優勝したのを最後に引退。

四大大会成績:14勝(全豪2・全仏0・全英7・全米5)

ツアー勝利:シングルス64勝・ダブルス2勝

ATPシングルス1位通算在位:286週(歴代2位)

生涯獲得賞金:$43,280,489

現在の活動:シニアツアーに参戦している。ゴルフにも熱心。

 

2. ラファエル・ナダル/Rafael Nadal(ESP)

ラファエルナダル

選手プロフィール:エッグボールと呼ばれる強烈なスピンボールを操り2000年代中盤からフェデラーのライバルとしてテニス界を牽引している。クレーコート最高勝率、クレーコート81連勝、クレー大会である全仏オープン、モンテカルロ・マスターズ、ローマ・マスターズ、バルセロナ・オープンの最多優勝記録などの数々の記録を持つ「赤土の王者」。サンプラスと並んで歴代2位の四大大会勝利数を誇る。史上2人目のキャリアゴールデンスラムを達成。

四大大会成績:14勝(全豪1・全仏9・全英2・全米2)

ツアー勝利:シングルス66勝・ダブルス9勝

ATPシングルス1位通算在位:141週

生涯獲得賞金:$76,023,547

現在の活動:2016年現在は世界5位。14年の全仏以来グランドスラムの優勝からは遠ざかっており、現在は調子を落としている。しかし、まだ29歳なのでかつての栄光を取り戻す期待は十分。

 

1. ロジャー・フェデラー/Roger Federer(SWI)

ロジャーフェデラー

選手プロフィール:グランドスラム男子シングルス最多優勝・歴代最長世界ランキング1位・通算獲得歴代最多賞金など数々の記録でNo.1となり、史上最高のテニスプレーヤーと称される。特に、世界ランキング1位連続在位期間237週は男女を通じて歴代最長。

エレガントで華麗なプレースタイル、プロッフェショナリズム、スポーツマンシップ、人間性はコート内外に渡って、競技の枠を超えて評価されている希有な存在。また、長年に渡ってスポンサー収入を世界トップクラスであり、収入的にもテニス史上最も成功したテニス選手。

四大大会成績:17勝(全豪4・全仏1・全英7・全米5)生涯グランドスラム達成

ツアー勝利:シングルス88勝・ダブルス8勝

ATPシングルス1位通算在位:302週(歴代1位)

生涯獲得賞金:$97,855,881

現在の活動:2016年現在世界3位。2013年に調子を落とすも、サーブ&ボレー主体のプレースタイルに変更したり、ラケットの変えたりして更なる飛躍を遂げ、現在も世界トップ選手として活躍。ジョコビッチに対抗できる唯一の選手と言って良い。

参照元:Sporteolog:Top 10 All Time Greatest tennis players (men)(英語)

 

ファン待望の邦訳版『FEDEGRAPHICA』遂に11月3日発売!予約受付中。

 

女子編も見逃すな!

1位はグラフ!歴代最強・史上最高テニス選手TOP10【女子編】

史上最高 歴代最強 ロジャーフェデラー

シェアしてテニスを盛り上げませんか?

全米オープンはWOWOWで!
今季はフェデラー史上初の邦訳本が2冊登場!ファン待望『FEDEGRAPHICA』が11月3日発売!
Fedegraphica_フェデラー_本 ロジャー・フェデラー伝

2 件のコメント

  • ジョコビッチがキャリアグランドスラムを達成するまえで、現役にトップ10に三人、現在なら確実にトップ5いやトップ3ばかりと言ってもいい状況で、これだけの成績を残す錦織圭という選手の素晴らしさを、このランキングを見ながら感じていました。

  • チャイルド様

    コメントありがとうございます。いや〜おっしゃる通りですね!史上最高と評価されるフェデラー、ナダル、ジョコビッチというTOP選手が君臨する現男子テニス界で躍進を遂げている錦織選手は、本当に素晴らしいです!

    -Tennisfan編集局

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です