目立たないジュニア時代のフェデラーの才能を見出したのはマルク・ロセだった。

テニス界の歴史を彩る歴代レジェンド達は、ジュニア時代から当然の如く脚光を浴び、10代にして頭角をあわらし将来を嘱望された選手ばかりです。ジョン・マッケンロー、アンドレ・アガシ、ピート・サンプラス、そしてラファエル・ナダルらも例に漏れること無く、光り輝くダイヤの原石のようなTOPジュニア選手でした。

しかし、史上最高と称されるロジャー・フェデラーのジュニア時代はこれらのスター選手と比べると、世間の注目や期待は比べ物にならないほど小さなものでした。しかし、やがて同国のスター選手にその才能を見出される事で人生が変わりました。

 

誰もフェデラーがテニス界を支配する存在になるとは考えていなかった。

ロジャー・フェデラーは、過去のレジェンド選手達と比べると、あらゆる面で例外的な選手だと言えるでしょう。フェデラーの少年時代を知る人、フェデラーがテニス界を支配する存在になるとは考えていなかった。

世界ランキング1位連続在位期間237週は男女を通じて歴代最長記録保持。史上最高の選手と称される。)

【関連】やはり1位はフェデラー!歴代最強・史上最高のテニス選手ランキングTOP10

 

フェデラーと同時期にジュニア選手だった当時のライバル達は、このようなコメントを残しています。

「彼が世界ランキング1位になるなんて、思ったこともありませんでした。彼は飛びぬけて優れた選手ではなく、その他大勢の選手の一人に過ぎなかったのです。」-当時のライバル選手

 

全英オープン ジュニア大会で優勝したにも関わらず、トップ選手になれるとは期待されていなかった。

また、テニス評論家やコラムニスト達も同様の意見で、彼らはジュニア時代のフェデラーへの注目はおろか、試合を観に来たことすら一度もありませんでした。フェデラーが17歳の時にウィンブルドン選手権ジュニア大会で優勝したときでさえ、プロ転向後にトップ選手になれるとは期待されていませんでした。

しかし、この一見悲観的ともとれる状況が、フェデラーを周囲のプレッシャーに晒すことなく、のびのびとテニスに打ち込む環境を作りました。スイス室内大会(スイス・インドア)は、ATP500に位置づけられツアーの中で最も重要な大会の一つであるが、その会場はバーゼル近郊にあるフェデラーの実家から徒歩圏内でした。

 

フェデラーの母リネットは、大会組織委員会のスタッフとして携わっており、1994年、13歳だったフェデラーもボール・ボーイを務めました。その折にフェデラーはジミー・コナーズと一緒に記念写真を撮っています。

後に2007年2月26日に、フェデラーがコナーズの世界ランキング1位連続保持記録「160週」を記録を大幅に更新し、「237週」を記録する大選手に成長するとは誰も思っていなかったでしょう。)

jimmy-connors-there-won-t-be-tennis-players-with-longevity-like-roger-federer-s

フェデラー少年とジミー・コナーズ。コナーズは1970年代の男子テニス界に長らく王者として君臨し、GS8勝を上げたレジェンド選手。。世界ランキング1位連続保持記録「160週」歴代2位、世界ランキング1位通算在位記録「268週」歴代4位。

 

最初にフェデラーの可能性に気付いたのは名選手マルク・ロセだった

フェデラーが幼かったころ、また少年時代には、スイスの男子プロテニスは発展の兆しを見せていました。当時、後にシュテフィ・グラフのコーチとして名を馳せたフランツ・ギュンタード、世界ランキング7位にまでなったヤコブ・ラセク、1992年のバルセロナ・オリンピックのテニス男子シングルスで、金メダルを獲得したマルク・ロセなどがいました。

 

そして、このマルク・ロセは、ロジャー・フェデラーの可能性に気づいた最初の一人でもありました。ロセは当時11歳のフェデラーの才能を見抜き、それを伸ばすようにサポートしようとフェデラーに歩み寄りました。

「ロジャーはトップ選手になるのに必要なすべて、つまり才能、野心、達者な口ぶり、我慢強さを兼ね備えているよ」-マルク・ロセ

 

実際、ロセはフェデラーの模範的な手本となり、フェデラーもまたロセに魅力を感じ、信頼していました。フェデラーは当時のロセとの関係をこのように振り返っています。

「僕もロセも悪ふざけが好きで、感情的で、ついつい思ったことをそのまま言ってしまう節があったと思う。それに、ふてぶてしくて、元気があり余っていて、ついでにちょっと滅茶苦茶な人間だったからかもしれないね」-フェデラー

FRANKREICH DAVIS-CUP WELTGRUPPE VIERTELFINAL FRANKREICH SCHWEIZ

デビスカップでダブルスを組む若き日のフェデラーとマルク・ロセ。ロセはバルセロナ五輪の金メダリスト。GS最高成績は96年全仏ベスト4。自己最高ランキングは9位。

 

【フェデラーの幼少期・ジュニア時代

シェアしてテニスを盛り上げませんか?

全米オープンはWOWOWで!
今季はフェデラー史上初の邦訳本が2冊登場!ファン待望『FEDEGRAPHICA』が11月3日発売!
Fedegraphica_フェデラー_本 ロジャー・フェデラー伝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です