フェデラー物語【第7章】敗けたらラケットを投げ、喚き、罵った。

federer_childhood

ラケットを投げたり、喚き散らしたり、相手を罵ったと、大の負けず嫌い

ロジャーははしゃぎすぎて、かんしゃくもよく起こしていました。

当時のコーチだった一人が、「コート上の小悪魔」と呼んでいた通り、ロジャーはラケットを投げたり、喚き散らしたり、相手を罵ったと、大の負けず嫌いでした。

11歳の時にはひどい試合がありました。女子トップ10に入ったパティ・シュナイダーの弟であるダニー・シュナイダーは、ロジャーの最初の強敵で、地元バーゼルの大会でよく対戦していました。

ある年、2人はバーゼル・ジュニア選手権の決勝で対戦。当時、12歳以下のグループではシュナイダーがスイスナンバーワンで、ロジャーはナンバーツーでした。

「2人は試合中にラケットを投げ、互いに罵りあい、警告を受けていた。全くもって酷い試合だったが、観てる分にはたのしかった」-トーマス・ウィルツ

「よく相手に『まぐれ!』と言っていたので、『やめなさい。素晴らしいプレーができるのは、キミだけじゃないんだから』って何度か注意したわ」-マドレーヌ・ベールロッヒャー

ロジャーはとにかく根っからの負けず嫌い。今の上品なスタイルからは到底想像がつきませんが、プロに転向したばかりの頃は、アンドレ・アガシ、レイトン・ヒューイット、ダビド・ナルバンディアンらによく負かされていましたが、感情をコントロールできず、少年時代と変わらぬ態度をとって相手を罵ったりしていました。

第8章へつづく

フェデラー物語【第8章】試合中に相手を慰める優しさ『君はこれから良くなるよ』

2017.04.25

シェアして日本のテニスを盛り上げよう!

新刊発売『ナダルノート すべては訓練次第』


 
2017年6月1日発売!
 
「本書の中にある教訓は、私を導いてくれたようにきっとあなたにも役立つものだ」―ラファエル・ナダル
 
世界中のファンを虜にする魅力あふれるプレーヤー、ラファエル・ナダル。決して特別な子ではなかったラファが世界トップに君臨し続けるまで成長できたのはなぜか?
 
「本物の才能とは、学び続けることができていつまでも自らの限界を引き上げられることだ」―トニー・ナダル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です