フェデラー物語【第6章】口癖は『僕は世界ナンバーワンになるんだ』

テニスコートでは常に仲間とふざけていた

「ロジャーは楽しいことが大好きな無邪気な悪魔」と言われていましたが、実際のところ彼自身に悪意はなく、ただただ遊びココロに満ちていただだけでした。

バーゼルにある別のクラブで団体戦に出場した時、全員が同時にプレーするだけのコートがなかったため、長い待ち時間がありました。しかし、やっとコートが空いた時、既にロジャーの姿はありませんでした。木に登ってクラブの様子を見下ろし、いつ見つかるのか眺めていました。

友人のマルコ・キューティネリと一緒になると、さらにイタズラに熱中。

[aside] マルコ・キューティネリ
キューティネリは自己最高52位を記録、2014年にデビスカップで優勝した時のチームメイト。 [/aside]

2人ともバーゼル郊外の同地区に家があり、2人はよく待ち合わせて自転車でオールドボーズクラブ通い、練習ふぁ終わればまた2人一緒に帰っていました。

「ロジャーとはよく一緒にスポーツを楽しんだよ。テニスではいつも敗けていたけど、他のスポーツはいい勝負だった。スカッシュコードで、テニスラケットとスカッシュボールを使って、よくプレーした。あれは本当に危険だったよ。」-キューディネリ

「ロジャーは楽しいことが大好きな悪魔だ。彼がいると、いつも退屈する暇が無かった。キューティネリと彼は同年の親友で、クラブで共に大きくなった。2人が一緒になると、クレイジーなギャングのようで、テニスクラブの和やかな雰囲気は吹っ飛んだよ。」-ニキ・フォン・ヴァリ

特に、練習時間は大変だった、僕達は練習中によくふざけていた。すぐに空きて、おしゃべりばかりしていた。落ち着きが無くて、ラケットを振り回し、危ないことばかりしていたよ。おかげで、しょっちゅう走らされたり、家に帰らされたりしていた。コーチのピーター・カーターはいつも僕達に手を焼いていたよ」-キューディネリ

 

『僕は世界ナンバーワンになるんだ』が口癖

チームメイトのベールロッヒャーは当時ロジャーの将来を暗示するようなことに気付いていました。

「ロジャーは友人たちとよく騒いでいたけど。いつも『僕は世界ナンバーワンになるんだ』と言っていたわ。豪華イベントなスマッシュを決めると、『このショットでウィンブルドンで優勝するんだ』と言ってね。まあ、本気でなかったでしょうし、他の同年代の子たちもそう言っていたけど、ロジャーの場合は口癖みたいなものだったわ。」-ベールロッヒャー

 

第7章へつづく

[kanren postid=”3842″]

関連記事

  1. federer-football

    フェデラー物語【第11章】「テニスとサッカーのどちらを専念するか」

  2. 2015年男子テニスツアー「年間スケジュール・試合結果」の 一覧表

  3. トップテニス選手の自伝・著書・本の紹介

  4. ドミニク・ティエム_テニス_Dominic Thiem

    「未来の世界No.1」ドミニク・ティエム 錦織次世代の筆頭選手【Wiki】

  5. djokovic_rio2016_ジョコビッチ_五輪

    フェデラー故障、ジョコビッチ敗退で変わるテニス界の勢力図!

  6. 目立たないジュニア時代のフェデラーの才能を見出したのはマルク・ロセだった。

今週の売れ筋テニスギア

PICKUP 12月号





Banner_広告掲載_Tennisfan_png (1)

テニス選手の本_おすすめ_自伝_2020_tennisfan

テニス選手_時計ブランド_スポンサー_アンバサダー契約_tennisfan

  1. ジョコビッチ_歴代ラケット_ヘッド

    ジョコビッチの歴代ラケット一覧|ウィルソン時代からヘッド”スピー…

  2. ナダル_歴代_テニスラケット_バボラ_2020

    ナダルの歴代ラケット一覧|ジュニア時代から最新のバボラ「ピュア…

  3. 祝! 13度目の全仏優勝を飾ったナダル。GS20勝目でフェデラーに並ぶ!

  4. 錦織圭_歴代ラケット_テニス_ウィルソン

    錦織圭の歴代ラケット一覧|2008-2020年のウィルソン15本一挙紹介!

  5. フェデラー_歴代テニスラケット_ウィルソン_プロスタッフ_©tennisfan (1)

    フェデラーの歴代ラケット一覧|1998-2021年のウィルソン”プロスタ…