フェデラー物語【第12章】「ジュニア時代のフェデラーとヒューイットの初対戦」

1995年の春。ロジャーはバーゼル選手権で準々決勝に進出しました。

スイス国内でR2(上から2番目のレベル)に属し、13歳の同学年の選手の中では優れた成績でしたが、決してロジャーの臨んだスイス全国TOPレベルからはほど遠いものでした。(当時既に『世界一になる』のが口癖)

ワールド・ユース・カップでスイス代表とオーストラリア代表が激突

1995年は遂にロジャーが世間で注目され始めた年でした。その年の9月、ワールド・ユース・カップでスイス代表に選出され、初めて国際テニス連盟主催の大会に出場。その年はチューリヒの屋外クレーコートで開催されました。

スイスとオーストラリアのナンバーワン同士のシングルス対決に報道陣が取材に来ていました。フェデラーの対戦相手のオーストラリア人は、あのレイトン・ヒューイットでした。

実はジュニア時代はロジャーより、ヒューイットの方が名を知られており実力も上でした。【関連】当時のフェデラーとヒューイットの評価(第10章より)

将来有望な選手同士の対戦と期待され、その期待に十分に答える内容のある試合でした。

フェデラーがが4-6、7-6(3)、6-4 で大接戦を制した

ケーヒルは「長時間に及んだ大接戦」を振り返っています。

2年前にバーゼルでフェデラーの練習を見た経験から、ケーヒルはヒューイットにバックハンドを集中して攻めるように指示しました。

「レイトンが楽に勝利すると思っていたが、あの2年の間でロジャーのテニスは見違えるほど進化しており、驚いた。ロジャーもレイトンも癇癪をおこすほど火花を散らし、興味深いライバル関係が生まれていた」-ケーヒル

試合はロジャーが4-6、7-6(3)、6-4 で勝利しました。しかし、勝負がかかったダブルスで、オーストラリアに敗れました。

この選手権からわずか4ヶ月後。ヒューイットは16歳の若さでプロ転向し、ネクストジェネレーション・アデレード国際で優勝し初のATPタイトルを手にし、大いに注目を集めました。そして、わずか2年後の2000年には世界ランキングTOP10入りを果たし、ロジャーより一足先に世界のTOP選手へと羽ばたいていくのでした。

 

>>第13章へつづく<<

 

シェアして日本のテニスを盛り上げよう!

新刊発売『ナダルノート すべては訓練次第』


 
2017年6月1日発売!
 
「本書の中にある教訓は、私を導いてくれたようにきっとあなたにも役立つものだ」―ラファエル・ナダル
 
世界中のファンを虜にする魅力あふれるプレーヤー、ラファエル・ナダル。決して特別な子ではなかったラファが世界トップに君臨し続けるまで成長できたのはなぜか?
 
「本物の才能とは、学び続けることができていつまでも自らの限界を引き上げられることだ」―トニー・ナダル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です