フェデラー物語【第10章】「ジュニア時代のフェデラーとヒューイット」

ヒューイットの方が少しだけフェデラーより上手かった

ダレン・ケーヒルは13,14歳頃のフェデラーを見ていた人物です。

当時のフェデラーの練習を見て、ヒューイットと比較して興味深いコメントを残しています。

「彼はとても上手いけれど、私が南オーストラリアで教えていた子のほうが、もう少しだけ上手かった。その子がレイトン・ヒューイットだ。彼に比べると、ロジャーは全てにおいて自由奔放だったので驚いた。

フォアハンドはとてつもなく速いんだけど、ミスヒットが多い。特に、バックハンドは酷い…フットワークは雑でいい加減。確かに美しいフォームで、手と目がうまく連動し、あの年頃かあすでにコートで観客を惹き付ける魅力を持っていたが、丁寧にショットを打っていないことが多かった」-カコフスキー

世界ナンバーワンのへの道をしっかりと頭に描いていた

バーゼルで1990年代初めからフェデラーと関わりを持ち、その優れたポテンシャルを認めていたのは、ストロークを教えたセップリ・カコフスキーだけでした。

フェデラーの学習能力と意欲の高さを評しています。

「あの頃からロジャーは負けるのが大嫌いだったが、『敗けたくなければ、努力以外に道はない』という理解していた。6-1、6-1で勝った時は、どうやったら6-0、6-0で勝てただろうかと考えていた。

私はロジャーと親しかったが、非常に厳しく接っした。彼は他の子たちよりも身長は低く、華奢な体つきだったが、素晴らしいテクニックで多くの試合を制していた。長時間のセッションでかなりハードに練習させていたが、ロジャーはその後また、相手を見つけて打ち合ったり、壁打ちしたりしていた。

そして『ナンバー1になるんだ!』と言っていたが、誰も信じていなかった。スイスのテニス界で大スターになると思っていたが、彼は世界一になると言っていた。13,14歳頃に同じように言う子も他にいたが、彼はしっかりと頭の中に思い描き、その実現に向けて練習を惜しまなかった。」-カコフスキー

 

>>第11章へつづく<<

 

シェアして日本のテニスを盛り上げよう!

新刊発売『ナダルノート すべては訓練次第』


 
2017年6月1日発売!
 
「本書の中にある教訓は、私を導いてくれたようにきっとあなたにも役立つものだ」―ラファエル・ナダル
 
世界中のファンを虜にする魅力あふれるプレーヤー、ラファエル・ナダル。決して特別な子ではなかったラファが世界トップに君臨し続けるまで成長できたのはなぜか?
 
「本物の才能とは、学び続けることができていつまでも自らの限界を引き上げられることだ」―トニー・ナダル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です