15分の精神統一がジョコビッチの強さの秘密!遂に心理学的にその強さが証明された。

ジョコビッチ スライディング

【2016年4月7日/Huffost SpoRts Djokovic’s New Tennis Psychologyより】

ジョコビッチの圧倒的な強さの秘密が心理学によって解明されました。何故か世間的にはまだ注目されていないジョコの強さの正体とも言える重要なことがあります。それは一体…?

 

2016年4月現在、ツアー支配率は驚異の96%のジョコビッチ。

Novak-Djokovic-Desktop-HD-Wallpaperノバク・ジョコビッチが男子ATPツアーを完全に支配しており、レベルが高い男子テニス界をもってして、彼に比肩しうる者はいません。2011年から一貫してBIG4時代が続いてきましたが、ジョコビッチの獲得しているランキングポイントが2位のアンディ・マレー、3位のロジャー・フェデラーを足しても及ばないほど突出しています。

このジョコビッチの大きな成功は、身体的能力、スタミナ(持久力)、驚異的なリターンセンス、そして試合の局面を様々な角度から読み解くことができる洞察力に支えられています。

しかし、何故か世間的にはまだ注目されていない重要なことがあります。それはジョコビッチの革新的とも言える瞑想(自己内省)に基づく”テニスへの心理的アプローチ”です。

 

ジョコビッチの試合中の逆転劇は超絶的とも形容できます。2011年と2012年のUSオープンでロジャー・フェデラーにマッチポイントをにぎられながらも巻き返した試合や2012年の全仏オープンでのジョー・W・ツォンガとの試合を覚えていますか?はたまた、昨年2015年のウィンブルドンでのケビン・アンダーソン戦の逆転劇を覚えていますか?そして、全仏オープンで悲劇的な敗退を喫したわずか数週間後にウィンブルドンで優勝したことを。ジョコビッチの精神的な強さは一体どこからきているのでしょうか。

 

 

ジョコビッチは毎日15分間の精神統一のトレーニングを行てっいると著書に記している。

ジョコビッチ スライディング2013年に出版した『Serve to win(ジョコビッチの生まれ変わる食事)』には、ジョコビッチが毎日のトレーニングの中で15分間の精神統一を行っていることが書かれています。精神統一は雑念に捕われず、あるがままに自分の経験を振り返る手法です。一般的な精神統一は自らの呼吸に、五感に集中し、集中力が乱される度に精神状態をあるべき姿に取り戻してくれます。本の詳しい内容は「食事で世界位No.1!「ジョコビッチ」のグルテンフリー食を大解剖!」を読んでください。

 

ジョコビッチは瞑想は自己不振、怒り、不安といったネガティブな感情から自身を解き放ってくれ、それがコート上の厳しい戦いの中でもジョコビッチに他の選手との”違い”を作り出します。彼自身、精神面のトレーニングは肉体的なトレーニングと同じ位重要であると感じており、日常的に瞑想を行う事でポジティブな結果が出ると信じています。

 

精神統一による効果は科学的な研究で裏付けされている

73387実際にジョコビッチの考えは科学的にも裏付け出来るようなデータもあります。世界中のスポーツ心理学者が現在精神統一について興味を抱いています。2001年には競技パフォーマンスの向上を目的とした精神統一の研究が、ゼラ・ムーアとフランク・ガードナーら臨床心理士によって先駆けて実施されています。彼等は何年にも渡ってPST(Psychological Skills Training)と呼ばれる伝統的なスポーツ心理学の手法を研究し続けました。しかし、PSTの効果を証明することはできないことはおろか、時にはそれ自体が選手のパフォーマンスを落とすといったケースもありました。

 

PSTはアスリートのネガティブな気持ちや感情を変化させ、もっと前向きで有益なものへと入れ替えることを目的としています。PST研究の不十分な結果を見て、ムーアとガードナーは MAC(the Mindfulness-Acceptance-Commitment)と呼ばれる新たな精神向上プログラムを開発しました。

精神統一的アプローチはアスリートが内なる体験をコントロールすることを諦めそうになった時、彼等のベストな実力を引き出すように作用します。そして彼らの心の中にモヤモヤしたものを残さないようにします。

 

精神統一がゾーン状態を作り出し、パフォーマンスを高める

ジョコビッチ サーブ15年にも渡るムーアとガードナーの理論の発展により、様々な心理学者達が精神統一がアスリートが集中力と正確性を高め、より簡単にゾーン状態に入るようにすることで、自身の競技パフォーマンスを高めていることを研究発表していました。

これらの観点から考えても、ジョコビッチの精神統一の使い方はとても理にかなっており、最近のスポーツ心理学の研究成果を見事に活用してライバル達に打ち勝っています。そして、今ジョコビッチはマイケル・ジョーダン、シアトル・シーホークス(NFLのチーム)など続々と増える精神統一を見事に活用したトップアスリート達の仲間入りを果たしました。

 

精神統一はただコート上でのパフォーマンスを向上させるに止まりません。他社への悲哀や精神的幸福感を加速させるといった多くの研究結果もあります。

 

ジョコビッチの強さの1つはやはり精神的(メンタル)の強さです。どんな逆境からも立て直し必ず勝つ。過去最高にハイレベルな男子テニス界でジョコビッチほど逆境をはねのける強さを持っている選手はいません。フェデラー、ナダル、マレーでさえ、ビッグトーナメントとの一回戦や二回戦であっさり負けてしまうことがあります。

 

原文(英語):2016年4月7日/Huffost SpoRts Djokovic’s New Tennis Psychologyより

 

【ノバクジョコビッチの強さを解明するプロジェクト】

ジョコビッチは一体何が優れていて、どうして強いのか…?

その問いの答えがここにあります。王者ジョコビッチが王者である所以を解明しました。

 

1.身体面からジョコビッチの「強さ」を徹底解説【フィジカル編】

2. 精神面からジョコビッチの「強さ」を徹底解説【メンタル編】

3. 技術面からジョコビッチの「強さ」を徹底開設【テクニック編】

4. 最強ジョコビッチの「強さの秘密」を世界一詳しく解説!【総合編】

 

 

ジョコビッチ スライディング

シェアしてテニスを盛り上げませんか?

全米オープンはWOWOWで!
今季はフェデラー史上初の邦訳本が2冊登場!ファン待望『FEDEGRAPHICA』が11月3日発売!
Fedegraphica_フェデラー_本 ロジャー・フェデラー伝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です