歴代最強への道。ジョコビッチが2016年に成し遂げた偉業の数々。

screen-shot-2016-04-02-at-2-06-51-pm-8078770376

2016年もグランドスラム2勝、マスターズ4勝と圧倒的なツアー支配力を発揮している王者ノバク・ジョコビッチ(8月1日現在)。ジョコビッチが今年成し遂げたテニス史を塗り替える歴史的な偉業を紹介します。彼は今、ロジャー・フェデラーを超える”歴代最強への道“を一歩づつ着実に進んでいます。

1. 史上8人目の快挙!キャリアグランドスラム

ノバクジョコビッチ_生涯グランドスラム_NovakDjokovic_CareerGrandSlam

悲願の全仏オープン優勝を達成し、遂にレジェンドの仲間入りを果たした。

2016年の全仏オープン優勝によりジョコビッチは四大大会優勝記録を12勝に伸ばしました。これまで全6度、ウィンブルドン3度、全米2度の優勝を飾っていましたが、この全仏だけは12、14、15年と決勝へ進みながら優勝から見放されており、鬼門と言われていました。

しかし、4度目の正直で悲願の全仏制覇と共に、これまで史上8人目となる四大大会すべてを制する「生涯グランドスラム」を果たしました。

 

生涯グランドスラム達成
# 選手
1. F・ペリー (英国)
2. D・バッジ(米国)
3. R・レーバー(豪)
4. R・エマーソン(豪)
5. A・アガシ(米国)
6. R・フェデラー(スイス)
7. R・ナダル(スペイン)
8. N・ジョコビッチ(セルビア)

 

【関連】ジョコビッチで8人目!生涯グランドスラム達成者一覧【男子編】

 

2. 歴代単独最多!マスターズ30勝

マドリッドオープンでマレーを破り、29勝目をあげたジョコビッチ。

カナダ・マスターズで錦織圭を破り、今季4度目、通算30度目のマスターズ優勝を飾ったジョコビッチ。今年5月にはナダルのモンテカルロ大会で優勝でマスターズ優勝回数が28回となり、ジョコビッチの記録に並びましたが、その後マドリッド、カナダと優勝を重ね、現在は単独トップの30回です。

 

マスターズ優勝回数
# 選手 回数
1. N・ジョコビッチ 30
2. R・ナダル 28
3. R・フェデラー 26
4. I・レンドル 22
5. J・マッケンロー 20
6. A・アガシ 17
6. J・コナーズ 17
8. B・ボルグ 15
9. B・ベッカー 13
10. A・マレー 12
11. P・サンプラス 11

 

【関連】ジョコマスターズ30勝目!錦織圭の初優勝ならず。(カナダMS・トロント)

 

3. 史上初の通算獲得賞金1億ドル超え

djokoemurray

全仏オープン2016のシングルス4回戦で、ロベルト・バウティスタ・アグト(を下し、史上初となる生涯獲得賞金1億ドル(約109億4800万円)の壁を突破しました。

 

【関連】ジョコビッチの年収と生涯獲得賞金

 

4. 史上初!マスターズ全大会制覇(可能性高)

ATPマスターズ1000-atp masters1000-2016-logo

マスターズは4大大会に次ぐ位置づけで年間9大会が開催される。TOP選手には出場義務を課されるので、GSと変わらないレベルの高い試合となる。

ジョコビッチはアメリカ・シンシナティで開催の「ウェスタン&サザン・オープン」で優勝すれば、テニス史上では初となる9つ全てのマスターズ大会のタイトルを獲得した選手となります。このシンシナティだけは過去に5回もの決勝に進むも、未だタイトル獲得に至っていない大会です。

 

【関連】ATPテニス ワールドツアー マスターズ1000の解説(日程・ポイント・賞金)

 

5. 史上最多!四大大会 連続優勝記録(オープン化以降)

4大大会において 4連勝および4連勝以上を挙げたものの、2年間に跨るが故に“年間”グランドスラムとは見なされない連勝記録が存在しており、”ノン・カレンダー・イヤー・グランドスラム#と呼びます。

ジョコビッチは全仏優勝により、2015年のウィンブルドン、全米、2016年の全豪、全仏と4回連続でグランドスラムを連勝記録となりました。ドン・バッジ(米国)とロッド・レーバー(豪)はオープン化以前の記録なので、男子シングルスではジョコビッチのみの達成とも言えます。

 

4大大会連覇記録
# 選手 連続
1. D・バッジ 4
2. R・レーバー(2回) 4
3. N・ジョコビッチ 4

 

6. キャリアゴールデンスラム(失敗)

アンドレ・アガシ, ウィンブルドン

1992年のウィンブルドンで最初のグランドスラム優勝、96年のアトランタ五輪で金メダル、99年の全仏でキャリアゴールデンスラムを達成したアンドレ・アガシ。

キャリアゴールデンスラムとは、現役生活の中で4大大会制覇に加えて、オリンピックの金メダルも獲得することです。

男子選手ではアンドレ・アガシとラファエル・ナダルの2人が、女子では、セリーナ・ウィリアムスとシュテフィ・グラフの2人がそれぞれゴールデンスラムを達成しています。グラフのみ、一年間にグランドスラムと五輪を全て優勝する”ゴールデンスラム”を達成。

現役選手では、既に四大大会を全て制覇する”生涯グランドスラム”を達成している、フェデラーとジョコビッチの2人が、ゴールデンスラムへの可能性が最も高いです。次いで、4大大会のうち、全豪と全英での優勝実績があり、12年のロンドン五輪金メダリストのマレーが可能性を秘めています。

迎えたリオ五輪では、J・M・デル=ポトロに6-7 (4-7), 6-7 (2-6)のストレートで敗れ、まさかの初戦敗退。試合後は涙を流しながらコートを去りました。

キャリアゴールデンスラム達成
# 選手
1. S・グラフ
2. A・アガシ
3. S・ウィリアムズ
4. R・ナダル

 

7. 史上初のATPツアーファイナル5連覇(可能性有)

novak-djokovic-1-1024-640-getty-5644bd9eb2786-5644c3702498f

ATPワールドツアーファイナルは、レース・ランキングなどによりシングルス8名、ダブルス8組が選出され年間王者を決定する年間最終戦。2015年には決勝でフェデラーをストレートで下し、史上初のツアーファイナル4連覇、5度目の優勝を飾りました。

2016年の年間最終戦で優勝すれば、史上最多連覇記録を更に5に伸ばします。

 

ツアーファイナル連覇記録
# 選手 連覇
1. N・ジョコビッチ 4
2. I・ナスターゼ 3
2. I・レンドル 3
3. R・フェデラー 2
3. L・ヒューイット 2
3. P・サンプラス 2
3. J・マッケンロー 2
3. B・ボルグ 2

 

8. 年間キャリアゴールデンスラム(失敗)

Steffi Graf Greatest Women's Tennis Players

1988年の4大大会全勝に加えて、同年のソウルオリンピックでも金メダルを取って、初の年間ゴールデンスラムを達成したシュテフィ・グラフ。

ジョコビッチは3連覇がかかったウィンブルドンで3回戦敗退という苦い結果に終わったので、グラフ以来のゴールデンスラムの夢はついえました。

 

【関連】1位はグラフ!歴代最強・史上最高テニス選手TOP10【女子編】

 

 

ジョコビッチの強さの秘密は「食事改善」だった

私にとって、プロ生活で最低の瞬間が2010年だった。(2010年の1月の全豪オープンでは、ツォンガ戦において腹痛を起こし、敗北)しかし、2011年7月までに(あれからわずか18ヶ月後)、私はまったくの別人になっていた。体重が約5キロ落ち、かつてなく強靭になり、子供時代から振り返っても1番の健康体になった。そして、生涯の目標だった2つのゴールに到達した。ウィンブルドン優勝と世界ランキング1位だ。

わずか18ヶ月で、私をただの「そこそこ良い選手」から「世界最高の選手」に生まれ変わらせたのは、新しい食事だった。私の人生が大きく変わったのは、体にあった正しい食事を始め、体が求めてる通りに従ったからだ。”(引用:食事で世界1位!ジョコビッチのグルテンフリー食大解剖

ジョコビッチ人気記事の紹介

食事で世界位No.1!「ジョコビッチ」のグルテンフリー食を大解剖!

誰が最強?ジョコビッチ・フェデラー・ナダルのテニス界の評価。

ジョコビッチとマレーの友情。語られることのない真実。

年収の7割はスポンサー料?ジョコビッチの契約企業と契約金!【2016版】

精神面からジョコビッチの「強さ」を徹底解説【メンタル編】

 

screen-shot-2016-04-02-at-2-06-51-pm-8078770376

シェアしてテニスを盛り上げませんか?

全米オープンはWOWOWで!
今季はフェデラー史上初の邦訳本が2冊登場!ファン待望『FEDEGRAPHICA』が11月3日発売!
Fedegraphica_フェデラー_本 ロジャー・フェデラー伝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です